読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

巨鳥の影 (文芸書)

巨鳥の影 (文芸書)

巨鳥の影 (文芸書)

作家
長岡弘樹
出版社
徳間書店
発売日
2021-07-30
ISBN
9784198653163
amazonで購入する Kindle版を購入する

巨鳥の影 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

長岡 弘樹は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「いきもの」がからむライトなミステリー短編集、オススメは、『死んでもいい人なんて』&『鏡面の魚』です。 https://www.tokuma.jp/book/b588595.html

2021/09/13

いつでも母さん

長岡さんの短編集8話、どれも読ませる。安心してその世界に浸る。もの悲しかったり、考えさせられたり、えぇーって思ったり。好みは『白いコウモリ』母の愛が切ない。

2021/08/30

しんたろー

長岡さんの新作は30ページ前後の短編が8つ収録されていて動植物のトリビア的知識も散りばめられてサクッと読める。「短編の名手」の名に恥じないキレのあるミステリ&ドラマではあるが、名作『傍聞き』から全作を読んでいるファンとしては若干の物足りなさも覚えた。それは、他作品に比べてページ数が少ないから、どうしても心情不足による奥行きのなさによるものなのだろう。それでも切なくも温かい余韻が残る『死んでもいい人なんて』と『白いコウモリ』は著者の筆力の高さを証明する作品だと思うし、今後も期待して新作を待ちたい作家さんだ♬

2021/09/14

おしゃべりメガネ

さすがとしか言いようがない短編ミステリーの名手、長岡さん作品でした。いつも思いますが、どうしてこの限られたページ数でこんなにもネタを次から次へと繰り出せるのか本当に不思議でなりません。今回は鳥や蟻などを巧みに'演出'し、見事に読者を欺いてくれます。正直、ネタとしては若干キビしいかなと思う話もなくはありませんが、そこはまあ長岡さんワールドを割増で楽しめるというコトで。いつもながら、一つ一つの話がとてもキレイにコンパクトにまとめられているので、テンポよく飽きずに読み進めるコトができるのが、本作の真骨頂かなと。

2021/08/28

タイ子

今回は、作品の中に鳥や蟻、魚、コウモリ、犬といった生き物が登場してそれらがストーリーと絡みながら謎解きに関係してくる。日常生活の中で起こる事件、事故、生活にもたらす変化がふとした瞬間に180度転換する時、人は何を見るのか。ひっくり返るようなどんでん返しではないけど、伏線が回収され謎が解明される時のあー、そうだったのか!感は気持ちいい。どれも少しづつ優しさが垣間見えてそれも好き。ラストでじわっと泣けるのは「白いコウモリ」。やはり、長岡さんの短編はいい。

2021/08/13

感想・レビューをもっと見る