読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クラシック・ムーミン絵本 ムーミン一家の海の冒険 (児童書)

クラシック・ムーミン絵本 ムーミン一家の海の冒険 (児童書)

クラシック・ムーミン絵本 ムーミン一家の海の冒険 (児童書)

作家
トーベ・ヤンソン
アレックス・ハリディ
セシリア・ダヴィッドソン
フィリッパ・ヴィードルンド
オスターグレン晴子
出版社
徳間書店
発売日
2021-07-16
ISBN
9784198653262
amazonで購入する

ジャンル

クラシック・ムーミン絵本 ムーミン一家の海の冒険 (児童書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

トーベ・ヤンソン原作。クラシック・ムーミン第4弾。ムーミンパパが<海のオーケストラ号>船で、ムーミントロール・ムーミンママ・スニフ・ちびのミイをのせて大冒険を繰り広げる。ヘムレムおばさんとニブリング、竜のエドワードも出てきて大騒動。突然の嵐には、子ひつじ雲に乗って空を飛んで切り抜けた。大冒険の最後に望遠鏡で見えたのは、ムーミン谷です。とうとう家にたどり着きました。夕暮れ空にたくさんの子ひつじ雲が浮かんでいます。

2021/08/18

yumi✽.。.:*

姪っ子が図書館で見つけたそうで、借りてきてくれた。絵がとてもきれい。船で海を冒険なんて、おもしろくないわけがない。絵本になっても、憎まれっ子はけんざい。なぜか海に流されてきて、助けたのが口うるさいヘムレンおばさんで、がっかりするムーミン一家には笑った。二ブリングに攫われても、もう助けないで見守る一同。『ムーミンパパの思い出』のエピソードのようなので、原作も読みたい。

2021/11/07

遠い日

「クラシック・ムーミン絵本」シリーズ。絵本というより絵付きの読み物として楽しめます。ムーミンパパ製作の「海のオーケストラ号」で、大海原へ冒険に出発したムーミン一家。出発の方法からもう不穏な空気がむんむん。案の定アクシデントにトラブル続きで、大冒険の醍醐味をいやでも味わうことになります。このシリーズを読むたびに、あちこちからの抜粋なので、もう一度きちんと読み直さなくちゃという思いに駆られます。

2021/09/11

takakomama

ムーミン一家はムーミンパパが作った船「海のオーケストラ号」で、海に出ます。口うるさいヘムレンおばさんに閉口し、二ブリングにいろいろな物をかじられたうえに、嵐が近づいて・・・ 波乱万丈の大冒険!

2021/08/27

多読多量連投が日課だった

あー、谷に来る前か!

2021/08/01

感想・レビューをもっと見る