読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

作家
エンリケ・バリオス
さくらももこ
石原 彰二
出版社
徳間書店
発売日
2005-08-05
ISBN
9784198922955
amazonで購入する

「アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)」の関連記事

“くみっきー”舟山久美子の結婚のきっかけになった小説『アミ 小さな宇宙人』とは? 挿絵はさくらももこ!

『アミ 小さな宇宙人』(著:エンリケ・バリオス、絵:さくらももこ、訳:石原彰二/徳間書店)

 2019年9月17日(火)に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、タレントの“くみっきー”こと舟山久美子が一般男性と結婚したことを発表。相手と知り合ったきっかけについて、お互いに『アミ 小さな宇宙人』という小説が好きだったことから意気投合したと語り、大きな話題を呼んでいる。

 『アミ 小さな宇宙人』はエンリケ・バリオスが1986年に発表したチリ発のロングセラー小説。日本では1995年に翻訳書が刊行された後、『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこが挿絵と表紙を手がけた新装改訂版が登場し、さらに人気を集めることになった。

 作中で描かれているのは、普遍的な“愛”の物語。少年・ペドゥリートはユーモラスでちょっぴりいたずらっ子の宇宙人・アミに連れられて、理想郷のように素晴らしい宇宙への旅に出る。その中でペドゥリートは、地球がまだまだ野蛮で愛の度数が低い惑星であることを学んでいく。

 童話のようなテイストで表現される深遠なメッセージは、読者から「現代の私たち…

2019/9/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひこうき雲

「これから語る全てのことは僕の単なるファンタジー」─全ての基本に「愛」があり、「愛」が法の世界。おとぎ話はいつか現実に。

2020/07/20

p.ntsk

10歳の男の子ペドゥリートの前に突如現れた小さな宇宙人アミが円盤で宇宙を旅しながら様々な神秘や宇宙の基本法である愛について説くSFファンタジー。未開世界から文明世界に変わる為に必要なのはより高次なる愛。物語の中で語られるメッセージや事柄には紛れもない“真実”が込められていると思いました。アミのような存在はきっといると信じています。子供向けの優しいファンタジーの体をしていますが中身は示唆に富むメッセージで溢れていて是非とも読んで欲しいシリーズです。表紙とあとがきをさくらももこさんが書かれています。

2018/11/17

Willie the Wildcat

「宇宙の法」とは何か。皆心の中で大切にしている。 子供に購入したものだが、大人にとっても自身を振り返るいいきっかけになると思います。 それが仮に一時のことであったとしても、何らかの気づきにつながるような気がする。

2011/05/28

アクビちゃん

【図書館】「世界一受けたい授業」で、三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典さんがオススメしていた本。宇宙人アミが、地球人の10歳の男の子 ペドロに、宇宙人から見た地球人の変な所を説いていく。愛こそが神であると。物は個人の物でなく、共有すれば争いも起きないと言うが、人間は欲があるからこそ、切磋琢磨して良いのでは?!とも思ったり。理想的な考えではあるけれども、全てが腑に落ちない。戦争は良くない、これは勿論だけれども、だからと言って、国境や人種をなくし、全てを統一し、平等にすれば万事オッケーなのかな?!

2020/09/01

真香

図書館本。ずっと気になっていたけど、ようやく読めた!少年ペドロと宇宙人アミの物語。児童向けのSFファンタジーというには、もはやその枠を超えているスピリチュアルなメッセージ性の強い作品。子供ではなく、むしろ大人こそ読むべきかもしれない。少し宗教っぽさを感じる部分も無きにしも非ずだったけど(自分が無宗教だけに余計に)、シンプルながら忘れがちなことを思い出させてくれた。くさくさした気持ちの時に読むと、ちょっと反発したくなるというか素直に受け止められないかなと思うので、ゆとりがある時にオススメします。

2019/02/20

感想・レビューをもっと見る