読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

弥生、三月 (徳間文庫)

弥生、三月 (徳間文庫)

弥生、三月 (徳間文庫)

作家
遊川和彦
南々井 梢
出版社
徳間書店
発売日
2020-02-07
ISBN
9784198945367
amazonで購入する Kindle版を購入する

弥生、三月 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

購入本。映画ノベライズ本。高校時代、互いに惹かれあいながらも、別々の人生を歩むことになった弥生と太郎。その後の人生は太郎は事故で夢と家族を失い、弥生は震災で伴侶を失うという険しいものだった。そんな中でもお互いの存在を頭から消し去ることはできず…。運命に翻弄される二人の30年を3月だけで繋いでいくラブストーリー。映画では弥生役に波瑠、太郎役に成田凌さんが。高校生から50代という幅をどう演じるかも楽しみ。

2020/03/16

菅原孝標女@ナイスありがとうございます

コロナの影響で劇場で観る事が叶わなかったので。...そもそも、3月だけでストーリーが進んでいくというのが新鮮。彼らの半生が切り取られていて、でも想いは繋がっていて。複雑化した家族関係や、大切な人との死別、誰の人生にも起こりうることが詰め込まれていて苦しい部分も多かった。でも、最後、30年もかけてしまった不器用な彼らに、やっぱり感動した。

2020/05/05

hisa_NAO

切ない名作ロマンチック映画「One Day」を彷彿とさせる(リスペクト、パクリw)、男女の30年を3月で切り取ったお話。 キラキラと怖いもの知らずだった高校時代から、知命を迎える頃まで。変わらない友の記憶と、変わってしまう自分、ままらない現実。 「あの頃」がやたら眩しく描かれていて、「泣かせよう」なあざとい脚本でも、それでも許せてしまうのは、やっぱり自分も「あら知命」だからなのでしょう。 素直に、ちょっと泣けました。

2020/09/27

☆(´(ェ)`)☆

ベタかな〜。けど、映画やってるしな〜。桜の時期だしね。わかりやすい展開に、正義の味方、夢を追う、不治の病、惚れたらいかん?隠さなきゃいかん三角関係…東日本大震災など盛りだくさんだが、綺麗にまとまった青春純愛でした!ほっこり短時間で読めます!

2021/03/26

ぼうぼう

思い出すことはあっても、想い続けることは難しい…

2020/02/15

感想・レビューをもっと見る