読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

第II捜査官 凍える火 (徳間文庫)

第II捜査官 凍える火 (徳間文庫)

第II捜査官 凍える火 (徳間文庫)

作家
安東能明
出版社
徳間書店
発売日
2020-03-06
ISBN
9784198945428
amazonで購入する Kindle版を購入する

第II捜査官 凍える火 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HITOMI

焼死しながら凍死するという不可解な変死体。その謎を追う元高校教師の神村と教え子の美加の師弟コンビ刑事。刃物や鈍器や紐などの単純な物ではなく、未知の凶器による犯行に立ち向かう刑事さん達の苦労に、頭脳がついていかず目が廻ります。ワクワクとページをまくりましたが、シリーズ物とは知らず、読み進めるごとに疎外感が膨れ、1作目から読むべきだったと後悔。そしてあの終わり方は…。

2020/04/04

ひろ

登場人物たちの人間関係が良く理解できてない、 シリーズ1から読むべきかな。

2020/10/30

フランク

☆3

2020/08/01

ベリー

⭐️⭐️⭐️

2020/07/31

Landgear

◯紫外線、LNG 、春化、水仙、えのよん、原野商法

2020/06/07

感想・レビューをもっと見る