読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

足りないくらし (徳間文庫)

足りないくらし (徳間文庫)

足りないくらし (徳間文庫)

作家
深沢潮
出版社
徳間書店
発売日
2021-01-15
ISBN
9784198946203
amazonで購入する Kindle版を購入する

足りないくらし (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けえこ

改題本。 元タイトルは「あいまい生活」 おんぼろシェアハウスで生活する訳あり女性たちの話。 「自分という存在が他の人にとって軽いものであることが悔しい」 コミュニケーション下手を言い換えるとそうなるのかも。

2021/05/09

MEKKE

見た目がポップだったので、読み進めて「貧困女子」をテーマにしているとわかって愕きました。 貧困女子って一括りにしてしまいがちだけど、そもそもそのカテゴライズが間違っているんだと思ったし、ここに出てくる女性と自分を比べて、まだマシな方なんだな気をつけなきゃな、なんて思ってしまったことが恥ずかしい。ただ、この問題を解決する術が私には全くわからない。想像力の欠如か、この社会の捩れなのかどちらにせよ悲しい。

2021/10/11

りょう

タイトルから勝手に暮らし系のエッセイだと思っていたら、いろんな事情のある女性のシェアハウスを舞台にした小説だった。産まれるところは誰にも選べない、でも、その呪縛から逃れることが、だんだん、難しくなってるんだなあ。

2021/03/22

suu

他人事として済ましちゃいけない問題を突きつけられる一冊。 表紙はポップで可愛いけど、鬱々となる気持ちは避けられなかった。

2022/01/20

はる美

貧困女子をテーマにした連作短編集。ボロボロな建物のシェアハウスで生活する六人の女性たちは、差別、DV、生活保護、外国人技能実習制度など、様々な事情を抱えている。何も知らず人を断罪するのは、優越感も相まって誰もが無意識にしていることだと身につまされる。 救いがないといえばそういう物語だけれど、それが逆にリアルで良かった。

2022/04/29

感想・レビューをもっと見る