読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

晋平の矢立 〈新装版〉 (徳間文庫)

晋平の矢立 〈新装版〉 (徳間文庫)

晋平の矢立 〈新装版〉 (徳間文庫)

作家
山本一力
出版社
徳間書店
発売日
2021-06-08
ISBN
9784198946555
amazonで購入する Kindle版を購入する

晋平の矢立 〈新装版〉 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ドナルド@灯れ松明の火

何回も言っていたが、少しはましかなと思って読んだがやっぱりクソだった。山本さんはこんなプロット・文章でいいと思っているのか。相変わらず「地べた」多用で語彙が増えない。昔は期待していたのだが池波さんの真似はすれども、足元にも及ばないということを自覚して欲しい。 お粗末

2021/06/26

Naoko Fukumi Fujita

一番好きな作家の文庫本、巻末の縄田一男解説によると2002年4月から2009年3月まで「問題小説」に断続的に連載され、2009年4月徳間書店から刊行とある。2012年2月徳間文庫より刊行、この度新装版として2021年6月発行。5つのお話が連作となっており、ハードボイルド小説であると感じた。今回は猫よりも犬、そして鳩が重要な登場動物。リズム感がよく、読みやすいけれど最終章の「砂糖壺」に晋平のロマンを覚えた。

2021/07/18

TK

江戸の職人シリーズ。当時の仕事ぶりが伺えて面白い。ただ物語は他の著書と比べるとなんだかサラッとした感じ。

2021/10/28

改造

山本一力さんらしい山本作品。 伊豆晋の仕事っぷりが良いね。

2021/08/12

じい

一力節全開。以上

2021/07/01

感想・レビューをもっと見る