読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小松左京“21世紀"セレクション1 【グローバル化・混迷する世界】編 見知らぬ明日/アメリカの壁 (徳間文庫)

小松左京“21世紀"セレクション1 【グローバル化・混迷する世界】編 見知らぬ明日/アメリカの壁 (徳間文庫)

小松左京“21世紀"セレクション1 【グローバル化・混迷する世界】編 見知らぬ明日/アメリカの壁 (徳間文庫)

作家
小松左京
出版社
徳間書店
発売日
2021-10-08
ISBN
9784198946821
amazonで購入する Kindle版を購入する

小松左京“21世紀"セレクション1 【グローバル化・混迷する世界】編 見知らぬ明日/アメリカの壁 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yamatoshiuruhashi

小松左京のアンソロジー。とは言え、以前は単独の文庫本2冊を含むなかなかの読み応え。小松左京の「空想」とは言え当時最新の科学的知識、政治的背景をしっかりと踏まえて描く手法にリアリズムがついてくる。それは時が経ったことによって更に厚みを増したように思う。共産中国が国連の一員ではなく「竹のカーテン」の向こうで不気味な存在だった時にその地域から宇宙人の襲来が起こったら世界はどう対処するのか(見知らぬ明日)。米国の孤立主義回帰は何をもたらすのか(アメリカの壁)。地球温暖化の行き着く先は(極冠作戦)。等々→

2022/12/12

紡ぎ猫

コロナとアメリカの右傾化を予測していた、という誘い文句につられて購入したら、コロナに関してはこの後シリーズ刊行される別の作品集に掲載予定だとかで、この本には載っていなかった。でも「アメリカの壁」はやけに現実味があって面白かった。トランプの表紙が怖すぎる。地球温暖化をテーマにした「極冠作戦」も。これが書かれた当時、地球温暖化についてはどこまで知られていたんだろう。

2021/11/01

ひさか

2021年10月徳間文庫刊。1962~1977年に発表された12篇を収録。復刊専門レーベルトクマの特選!創刊ラインナップに加わるにふさわしい作家であり作品だと思います。表紙絵にインパクトありました。極冠作戦のラストって、忘れていましたが、なるほど未来につなげる話になってたんですね。

2022/02/05

maimai

「小松左京 "21世紀” セレクション」と題して全4巻で発刊するシリーズの第1弾。新型コロナの世界的流行を機に『復活の日』にスポットが当たってから、小松SFの「未来予測」の側面に注目が集まっていて、これもそうした流れの中で出てきた企画だと思う。収録作品の半分以上はとうの昔に既読だが、ラインナップを見るとつい買ってしまう。企画としては、当を得ているような、いまひとつ痒いところに手が届いていないような。小松作品を「未来予測」の座標軸でとらえるのは、どうなんだろう。でも、第2巻も読もうっと。

2022/03/14

ikedama99

表紙のおどろおどろしさと小松左京にひかれて購入。厚くてズボンのポケットから何回も落ちた。世界の混迷をSFで表現していく・・といった短編集と長編がある。いくつかは、小松左京の初期っぽい雰囲気があるなと思った。「アメリカの壁」でうなずき、「秘密計画」で笑い、「黒いクレジットカード」で「最後はそこか」とうまいなと思った。「見知らぬ明日」は読みごたえもある。「日本沈没」、「復活の日」、「首都消失」のイメージとも重なってくる。「極冠計画」で少し希望が見えて、ほっとした次第。読み応えありました。

2022/03/02

感想・レビューをもっと見る