読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あさりよしとお短篇集 毒入りカプセル篇 (リュウコミックス)

あさりよしとお短篇集 毒入りカプセル篇 (リュウコミックス)

あさりよしとお短篇集 毒入りカプセル篇 (リュウコミックス)

作家
あさりよしとお
出版社
徳間書店
発売日
2010-03-30
ISBN
9784199501661
amazonで購入する Kindle版を購入する

あさりよしとお短篇集 毒入りカプセル篇 (リュウコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Machina Sapiens @人工無能

各作品、主人公がパラノイア。

2016/03/13

入江

冥作劇場がヤバ気で面白かった。何がヤバいってヒロインをパトラッシュに犯させてるのがヤバいよ…まさに名作レイプ。内田くんはちょっと萌えた。

2013/02/06

烟々羅

ざっくり読んだ。ざっくり面白かった。すっかり忘れる頃まで読み返さない気がする。上質のお菓子だな

2011/12/04

motoso

あさりよしとおの漫画で毒が入ってないのってあったっけ

2011/09/11

印度 洋一郎

あさりよしとおの毒気ある短編を集めた本。収録作は、不思議ちゃんヒロインが楽しい「メッチェンファウスト」、ブラックな童話集「世界冥作劇場」と「それゆけ内田くん」、戦車の走り屋達がロードレースをする「プロジェクトT」など。冥作劇場の「でかしろ○んぼ」の強烈さ、ダークな赤毛のアンである「緑の切妻屋根」の神経をゾワゾワと逆なでする読後感が忘れられない。

2011/06/01

感想・レビューをもっと見る