読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

推しが武道館いってくれたら死ぬ 5 (リュウコミックス)

推しが武道館いってくれたら死ぬ 5 (リュウコミックス)

推しが武道館いってくれたら死ぬ 5 (リュウコミックス)

作家
平尾アウリ
出版社
徳間書店
発売日
2018-12-13
ISBN
9784199506581
amazonで購入する Kindle版を購入する

「推しが武道館いってくれたら死ぬ 5 (リュウコミックス)」の関連記事

「このガチオタっぷりは尊敬に値する」 アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第1話、推しに全力な女オタク・えりぴよに共感の声続出!?

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』6巻(平尾アウリ/徳間書店)  2020年1月9日(木)に、アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第1話が放送。地下アイドルを全力で応援する主人公・えりぴよの姿に、「何よりも推しが1番って気持ちがめっちゃ分かる」「ドルオタあるある満載すぎておもしろい」と共感の声が相次いでいる。  同アニメは、平尾アウリの漫画を原作としたアイドルオタクの物語。真っ赤なジャージでライブに通い続ける強烈な女オタク・えりぴよは、岡山で活躍するアイドル「ChamJam」のサーモンピンク担当・市井舞菜を推していた。ライブの最前列ではサーモンピンクのペンライトを振り、CDや握手券も大量に購入。しかし特典会では舞菜から“塩対応”されると悩んでいる。  ある日ChamJamの新曲が発売されることが決まり、次の特典会では新衣装でチェキが撮れることに。えりぴよはオタク仲間のくまささんと、チェキ券をゲットするために早朝から会場前に並ぶ。しかしこの日は猛暑日になってしまい、並んでいるオタクたちは全員汗だく。ようやくチェキ券を手に入れたえりぴよは、自分…

2020/1/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

推しが武道館いってくれたら死ぬ 5 (リュウコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雪紫

原作一気読みキャンペーンにて読了。諸事情によりキャンプ大会にて感情をなくすオタクども。えりぴよさんのパワーワード危なさが増してるし。とりあえず言いたい。髪型を変えるのは個人の自由だと思う。そしてフリーダム優佳や努力家な文のキャラがどんどん良くなって来たと思う。この漫画での推しがくまささんなのは変わらないけど。

2020/04/16

ゆきらぱ

発売日に購入。しかも電子書籍と紙の本、両方手に入れました。読んでて楽しい。女の子たちが心優しくて良い。

2018/12/16

わたー

★★★★★東京に武道館が2種類あったとは知らなかった。これ、どの角度から見たんだと考え込んでしまった。舞菜とえりぴよさんの絶妙なすれ違いが今回も冴える。

2020/04/14

とーちゃん

王道に一気に大人気!とならないのが推せます。

2020/04/21

ソラ

久しぶりに読んだ気がする。 最近自分もアイドルにはまり始めたので以前よりもえりぴよの考えとかが分からいでもないというか、笑えるけど笑えんわっていうのがあったり。

2019/10/14

感想・レビューをもっと見る