読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カルバニア物語16 (Charaコミックス)

カルバニア物語16 (Charaコミックス)

カルバニア物語16 (Charaコミックス)

作家
TONO
出版社
徳間書店
発売日
2015-08-25
ISBN
9784199606434
amazonで購入する Kindle版を購入する

カルバニア物語16 (Charaコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりもん

友人に借りて読了。結婚式に出席したいコンラッドの行動がちょっと不器用な人だなぁと同情。タニアと母の再会は無事に出来たけれど、ティフェナとの交流は気長にいかないとダメかもなぁ。

2017/05/02

詩歌

断髪の女王様って、とってもモダンで魅力的。タニアとエキューで70年代のドレスで着飾って欲しいな。アナベルにも参加して貰いたいし、ナタリーには現代のドレスを勧めたい。この、チワワがゾンビにしか見えない絵柄で、いつも不思議なくらいドレスが楽しみ(ファンです)。アナベルのお洒落と社会的身分と立場、そして仕事へ臨む姿が、カルバニアの新しい流れに乗っていく事を願う。赤ん坊がゲログラゲリからちゃんと天使になっていくのは神秘。

2015/08/31

ゆりこ

ついに16巻!あぁ~面白かった!!どうしてTONOさんは、こんなに素晴らしいマンガが描けるのだろう。タニア、エキュー、アナベル、ナタリー、女の子達がキラキラしていて可愛い。男子も嫌味なく頑張ってるし、カルバニアはずっと終わらないで欲しい!

2015/09/24

しましまこ

今回はしみじみしちゃった。エキューの送りオオカミ!(笑)

2015/08/29

枯伍

エキュー父・カイルとナタリーの結婚式の準備を巡るドタバタ。便乗でタニアは実母カルチェと再会できる運びに。招待してほしいと言えない不器用なコンラッドの言動が楽しい。アナベルは「美しい」以外の褒め言葉「かしこい」に心が動く。結婚できない男カフとライアンがお気の毒w 三歳児の異父妹と交流しようと頑張るタニアが可愛かった。

2018/12/20

感想・レビューをもっと見る