読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

トレース 科捜研法医研究員の追想 4 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 4 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 4 (ゼノンコミックス)

作家
古賀慶
出版社
徳間書店
発売日
2018-03-20
ISBN
9784199804830
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

科学捜査研究所研究員、真野礼二。確かな真実を求め、また新たな鑑定資料が彼の元へとやってきた。電車内で被害者女性の膣内に指を入れる痴漢事件。捕まった参考人の男は卑劣な犯人か? それとも冤罪か?犯人の皮フ片、被害者のDNA、痴漢現場に残された真実への糸口。真野の地道な鑑定が、混迷極めた事件を解決へと導く。そのほか「危険運転致死傷罪」「科捜研であった本当に怖い実話」など収録。

トレース 科捜研法医研究員の追想 4 (ゼノンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりもん

裁きの対象である3人の1人である壇浩輝が刑事部長という立場で、真野主任が源礼二だと知っていることが怖い。

2019/01/07

十六夜(いざよい)

痴漢事件とひき逃げ事件の鑑定。真野が丁寧に鑑定する事で、誰もが信じかけていた事実が180度ひっくり返るのが面白い。ひき逃げ議員、二階堂…最低。真野の本ボシ?壇刑事部長はやっぱり怪し過ぎる。ここまで怪しいとスケープゴートかと疑いたくなってしまう。巻末の怪談の"お守り"が意外と面白かった。

2019/06/04

なみキミ

あら?意外と引っ張るね。あのキャリア官僚が気持ち悪い。

2018/04/16

冷や中

一見したところ、なんていうことのないちかんや事故と思われたものが、詳しく調べてみれば事実は真反対、事件だったりひき逃げだったり。調べる気がある優秀な捜査員がいなければ見逃されている世界ってこと!?こわいこわい  で、真野さんのこれからの戦い方!どうするどうなる!

2019/09/30

yoko**

真野の敵はあまりにも強敵だ。そしてなにより狂っている。「本当にあった怖い科捜研」続編希望。

2019/08/04

感想・レビューをもっと見る