読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マンガ肉 (ゼノンコミックス)

マンガ肉 (ゼノンコミックス)

マンガ肉 (ゼノンコミックス)

作家
碓井ツカサ
宇野ユキアキ
大井昌和
大島千春
カレー沢薫
川端新
紀伊カンナ
KUJIRA
小手川ゆあ
粉山カタ
仙道ますみ
高尾じんぐ
棚橋なもしろ
谷口菜津子
地球のお魚ぽんちゃん
仲川麻子
沼ちよ子
ばったん
松崎夏未
まつだこうた
深山おから
宮元一佐
横田卓馬
出版社
徳間書店
発売日
2018-08-20
ISBN
9784199805127
amazonで購入する Kindle版を購入する

マンガ肉 (ゼノンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢@感想お休み中

23人の漫画家による、肉をテーマにしたエッセイコミックが収録されています。フライパンでベーコンを作ったり、焼肉屋の店員が全員男子高校生だったら、と妄想したり、イタリアン肉バルで女子会をしたり、と作家によって内容は様々です。『マンガ酒』の時もそうでしたが、当たり外れでいうと、外れの方が多く、しかも1人のページ数が少ないので、当たりでも物足りなさを覚えるというのが残念でした。当たりは高尾じんぐ、小手川ゆあ、大井昌和、宇野ユキアキ、棚橋なもしろ、大島千春でした。宇野ユキアキの描いていた肉寿司、食べてみたいです

2018/09/02

ジロリン

同時購入し、先に読んだ「マンガ麵」が望外の面白さだったので期待して読み始めたが、こっちはイマイチ。<高い肉食った自慢>が多いように思えるのは、牛肉なんて夢のまた夢世代のヒガミかw…いやいや、単に<良い肉を焼いて食べるだけ>の話が多くて<ひと手間かける>ようなメニューが見られなかったから、と思いたいw

2020/03/15

スゲ子

いろんな漫画家さんの「お肉」にまつわるショートエッセイをまとめたもの。まつだこうたの「シャウエッセン」の話が『芋粥』みたいで1番好き。いいなぁ経費でシャウエッセン!あとカレー沢薫の「クッ○ドゥ的なやつ」の「書いてある材料を、完全に無視してひき肉と残っている野菜をつかう」「そうすると百発百中ごはんにかけるとうまいやつになる」というくだりは「ほほう…」と思いました。「『クッ○ドゥは手抜き、惣菜は甘え』こういうことをいう夫、もしくは夫の幻覚でなくてよかった」

2018/10/03

YS-56

幸せになります、美味しいお肉。

2019/09/07

うめくらげ

カレーさんはいつも心配になるんだけど...。

2018/10/04

感想・レビューをもっと見る