読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

トレース 科捜研法医研究員の追想 5 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 5 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 5 (ゼノンコミックス)

作家
古賀慶
出版社
徳間書店
発売日
2018-09-20
ISBN
9784199805165
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

科学捜査研究所研究員、真野礼二。誰よりも真摯に真実に向き合う彼の元へ、また新たな鑑定資料がやってきた。身元不明の腐乱死体。混合する2つのDNA型の謎。女児死体遺棄事件。凶器に残るわずかな血痕、不自然に汚れた衣服に隠された本当の死因。そして最後の容疑者・壇浩輝の口腔内細胞のDNA型鑑定。23年前、真野の家族を奪った「練馬一家殺人事件」に新たな新事実が明らかに!

「トレース 科捜研法医研究員の追想 5 (ゼノンコミックス)」の関連記事

錦戸亮が「科捜研の“男”」に挑む!『トレース 科捜研法医研究員の追想』ドラマ化が話題に

『トレース 科捜研法医研究員の追想』5巻(古賀慶/徳間書店)

 古賀慶の『トレース 科捜研法医研究員の追想』が、フジテレビ月9枠でドラマ化決定。主役には錦戸亮が抜擢され、「大好きな漫画が大好きな錦戸君主演でドラマ化! なんて素晴らしいんだ」と反響の声が相次いでいる。

 同作は科学捜査研究所、通称“科捜研”を舞台にした本格警察サスペンス。錦戸演じる主人公・真野礼二は、科捜研のエースとして混迷極めた事件を解決へと導いていく。原作者の古賀は元科捜研研究員ということで、実際に起きた事件や経験をベースとしたリアリティーたっぷりな物語も特徴の1つ。

 ドラマには「トレース~科捜研の男~」というタイトルがつけられ、錦戸は「大丈夫なんですか?(笑)。科捜研といえば『科捜研の女』が出てきますし、イメージ強いんで」と戦々恐々。しかし「対抗したいというわけではありませんし、あそこまで長く続く番組ということは魅力がある番組でしょうし、負けないような魅力のある番組になればいいと思います」と強い意気込みも語っていた。

 また錦戸の共演者には、「SUITS/スーツ」からの月9連投と…

2018/11/4

全文を読む

関連記事をもっと見る

トレース 科捜研法医研究員の追想 5 (ゼノンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

23年前の一家惨殺事件を担当した警官を探して鹿児島を訪れた真野。そこで知り合った女社長はDNAを三種持つ特殊な体質だった。7歳の少女の絞殺体の鑑定…性犯罪の被害者ではなかったのがまだ救いだが、娘を自殺ゲームへと導いた両親の不和。後悔してもしきれない結果になってしまった。

2019/06/04

サルビア

真野は、23年前の一家無理心中の生き残りだった。真野は兄が両親と姉を殺し、自分も自殺したとは思っていない。その犯人を探していた。

2019/01/25

なみキミ

1巻ごとに謎が1個判明するペースなの?でも他の事件での鑑定も楽しみたいので仕方ないのかな。

2018/10/07

冷や中

このシリーズにどんどんはまっていくw 骨髄移植でDNAが変わったという謎解き?トリック?を、以前何かのドラマ(「相棒」かな?或いは2時間サスペンス?)で見た気がします…違うかな? 親子鑑定のドラマの内容が深い。

2019/10/12

yoko**

真実は時に優しく、時に残酷である。だけどどんな真実であれ私たちは受け止めなければならない。それが生きている者の務め。そして、真実を見つけ出すのが科捜研法医研究員の務め。

2019/08/05

感想・レビューをもっと見る