読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌 1 (ゼノンコミックス)

北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌 1 (ゼノンコミックス)

北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌 1 (ゼノンコミックス)

作家
倉尾宏
武論尊
原哲夫
出版社
徳間書店
発売日
2018-09-20
ISBN
9784199805196
amazonで購入する Kindle版を購入する

「北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌 1 (ゼノンコミックス)」のおすすめレビュー

な、なんと就職先が、死亡率激高のあの拳王軍!! 気弱な一般男性ノブの運命はいかに!?

『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌』(倉尾宏:作画、武論尊、原哲夫:原案/徳間書店)

 本作『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌』は、核戦争後の荒廃した世界を舞台にした格闘バトル漫画『北斗の拳』のスピンオフ作品だ。原作は、80年代に週刊少年ジャンプで連載され、知らぬ者はいないといえるほど当時の男子小中学生を熱狂させた。誰もが「お前はすでに死んでいる」と主人公ケンシロウのマネをし、恰幅の良い同級生の多くがハート様とあだ名をつけられたはずだ。

 本作の原案は武論尊先生・原哲夫先生の名コンビで、作画は倉尾宏先生が原作の劇画タッチを踏襲しているが、ケンシロウの兄にして最強のライバルであるラオウが率いる「拳王軍」のちょっとおまぬけな面が強調されており、非常にコメディ色が強くなっている。ときには原作とあまりにも雰囲気が違いすぎると感じることもあるだろうが、あくまでもスピンオフとわりきって肩の力を抜いて楽しんでほしい。

 気になるストーリーは、核戦争後の荒廃した世界で暮らすごく一般的な若者ノブが、拳王軍に就職するところから始まる。ちょっと気弱な一般人ノブの目線で、拳王軍…

2018/10/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌 1 (ゼノンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

niz001

だんだん絵が雑になっていくのが妙に話に合ってて楽しむ。女シモ・ヘイヘw。

2018/09/24

Mr.deep

最初の数話は腹抱えて笑いましたが、さすがに後半ともなると出オチ感が・・・

2020/11/09

リフル

★★☆☆☆

2020/03/29

よしおか のぼる

んー……。

2019/07/27

隆二

当然ながら、原作を読んだ者にしか分からないネタばっかり。読んでれば、意外とクスッときたりする。

2018/12/27

感想・レビューをもっと見る