読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

タカコさん 4 (ゼノンコミックス)

タカコさん 4 (ゼノンコミックス)

タカコさん 4 (ゼノンコミックス)

作家
新久千映
出版社
徳間書店
発売日
2019-02-20
ISBN
9784199805554
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

都会にも田舎にも、人にも自然にも幸せの音が溢れてる♪人よりちょっと耳がいい女子・タカコさんと気づく、読めば優しい気持ちになれる、ほっこりおひとり様漫画最新刊!

タカコさん 4 (ゼノンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢

41話の休みの日の予定通り&予定以外の掃除も済ませて「スケジュールどおりって気持ちいい」でも、毎日そうではなく、適度に「今度でいいか」とする気持ち、分かるな~別の階の部屋から聞こえてくる短いギターの音に想像を巡らせたり、スポーツ中継の音に生観戦に行こうかな、と思ったり。〝音”から様々なことを思えるタカコさんの日常は豊かだな~と感じます。「どんな仕事だって楽しいばかりじゃないもの 念願叶ったんだから つらいって言えないのなんておかしいよ」タカコが友人のヒロさんに言った言葉(続く

2019/03/12

雷華

耳が人よりけっこう良いタカコさんの日常のはなし。今回も良かったのですが、特に「好きで就いた仕事だから愚痴を言っちゃいけないなんて事はない。」というようなことがでててなぜか「ありがとうタカコさん」と泣きそうになりました。あと、タカコさんの容姿が一人だけ異なる理由が後書きで語られてて、そういう理由があったのかと納得。どんな音も人との距離もこんな風に穏やかに受け止めたい…そんな風に思いました。

2019/02/25

本巻もまた、心地よい読了であった。必ずしも安らかな状況にいるわけでもなくなっているけど、タカコさんの耳の傾け方、考え方が好き。

2019/02/23

おやぶたんぐ

冒頭1コマ目のインパクト。p89の最後のコマの素晴らしさ。せわしない日々の合間に読むと、癒され度アップ!

2019/02/21

あさひ.a

お鍋の「くつくつ」→「ことこと…」からの「くた…くた…(たべごろよ)」で、花開いたように笑うタカコさんが可愛すぎる。

2019/02/24

感想・レビューをもっと見る