読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はんなりギロリの頼子さん 7 (ゼノンコミックス)

はんなりギロリの頼子さん 7 (ゼノンコミックス)

はんなりギロリの頼子さん 7 (ゼノンコミックス)

作家
あさのゆきこ
出版社
徳間書店
発売日
2020-03-18
ISBN
9784199806216
amazonで購入する Kindle版を購入する

はんなりギロリの頼子さん 7 (ゼノンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

無謀庵@Reader

京都人というのがいかに斜め向きでひん曲がっているかを体現してるかのように、頼子さんの人物像からちょっとした京都描写、取り上げるスポットの選択、はてはタイトルまでひねりにひねってある。なのに、読むとしんみり京都漫画、奇をてらったようなものにも思えない。真似できそうでできない類の作品じゃなかろうか。

2020/08/27

みるきー

完結とのことで、寂しいけれど、頼子さんは古川くんとくっついたし、イケズの有希ちゃんは親の言いなりにならず、社会勉強のつもりかもしれないけど就職をし、最後まで悩んでいたタバコ屋さんも続けていくと決めた。そのためにタクシー運転手と兼業になったのはびっくりしたけど。ステイホームの中で読む頼子さんは少し切なかった。京都の人たちが自虐気味に自慢する観光客がいつか戻ってくるといい。

2020/04/24

kazumasak

完結しちゃいました。 ラスト2話なんかいい感じの終わり方となりました。 早く京都行きたいし、やっぱり一度住んでみたい気持ちも深まります。 今さらながら、カバー下の頼子さんのノート感がすごいってことに気づいた。

2020/05/01

nanchara_dawn

目つきも態度も悪いけど、実は心優しいタバコ屋の主人・頼子さんが京都の色んな場所を地元民目線で紹介してくれる漫画。とにかく毎回ストーリーがしっかりしていて、安心して読める名作でした。完結は寂しいけど、綺麗な大団円が見れてよかった。

2020/04/23

ぬりかべ

完結 色々綺麗にまとまりましたね このご時世タバコ屋のみで生活するには難しいものが あるかもしれないけど、その職業なら確かに場所柄いけそうだ。

2020/08/08

感想・レビューをもっと見る