読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

しらとりくんはてんこうせい

しらとりくんはてんこうせい

しらとりくんはてんこうせい

作家
目黒 雅也
枡野浩一
出版社
あかね書房
発売日
2018-02-28
ISBN
9784251011039
amazonで購入する

しらとりくんはてんこうせい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yanae

大好きな枡野さんの児童書が出てた!しかも小学生の課題図書。迷わず手を出し子供と読みました。けど、子供はいまいち食いつかなかったかな?しらとりくんは東京からきた転校生。顔も手も色白で、算数とシュークリームが好きなんだって。自分とはちょっと違うしらとりくん。でもその違いを知っても友達になっていく。自分も転校生だったから、なんかこういうのわかるなぁ…。枡野さんの幼少期を作品にしたそう。しらとりくんが枡野さんだったのかな。何より「枡目組」の存在を初めて知る。タッグ組んでるの知らなかったです。追いかけなければ♡

2019/02/19

mntmt

わたしも漢字ドリルの方がいいな。

2019/01/24

刹那

しらとりくんは白い。

2018/07/20

yumicomachi

転校生の「しらとりくん」と「おれ」の友情のお話。算数とシュークリームが好物で、スポーツが苦手なのか得意なのかよくわからない「しらとりくん」が「おれ」は気になってしかたがない。ふたりは家庭環境も、容姿も、性格もかなりちがうが、仲良くなる。。ちょっと「風の又三郎」を思わせるところもある。文章を書いた歌人でもある著者、枡野浩一がより強く投影されているのは「しらとりくん」と「おれ」のどちらなんだろうと、つい大人目線で考えてしまった。目黒雅也による絵も味わいがありかわいらしい。最後ほろりとする。2018年2月刊行。

2020/10/15

ちは

しらとりくんのせきにんをとりたくない、めいわくをかけたくないって気持ち、すごーく分かる!

2019/08/08

感想・レビューをもっと見る