読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくらは森で生まれかわった (読書の時間 9)

ぼくらは森で生まれかわった (読書の時間 9)

ぼくらは森で生まれかわった (読書の時間 9)

作家
おおぎやなぎちか
宮尾和孝
出版社
あかね書房
発売日
2021-06-10
ISBN
9784251044792
amazonで購入する

ぼくらは森で生まれかわった (読書の時間 9) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yumicomachi

気持ちのいい物語だった。主な舞台は、岩手県の羽野村と呼ばれる地域。河童伝説などもあり、自然豊かなその場所で生まれ育った小学校五年生の真は、夏休みに東京から来た同い年の少年・順矢に出会う。順矢は、民俗学研究者であるおじに同行してきていた。しだいに打ち解けていく二人だったが、事件が起こり、もともと心に傷をもっていた順矢は、真に黙って東京に帰ってしまう。そして……。「お前、勇気あるか?」「お前、勇気あるね」という、かっちゃんの言葉が効いている。勇気と再生がこの作品のキーワードといえると思う。2021年6月刊行。

2021/06/23

感想・レビューをもっと見る