読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

りきしの春 (古典と新作らくご絵本)

りきしの春 (古典と新作らくご絵本)

りきしの春 (古典と新作らくご絵本)

作家
春風亭昇太
ばば けんいち
本秀康
出版社
あかね書房
発売日
2016-02-19
ISBN
9784251095053
amazonで購入する

ジャンル

りきしの春 (古典と新作らくご絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベーグルグル

【学校図書館】春風亭昇太さん原作のお話。新作落語だったようで、内容もことば遊びがあって面白い。特に先生の突込み、かけひきがいい。昭和な雰囲気な絵も味がありました。

2018/02/11

アズル

本さんの個展で買い、サインを頂きました。本さんに、「昇太さんと同じ小学校出身です」と告げると、喜んでくださいました。

2016/04/16

遠い日

春風亭昇太さんらしい明るいお話。元は新作落語だった本作、落語の方でも聞いてみたいものだ。日々のけいこは何よりだいじ。生活全てが相撲で回っているたかのつめ君は小学生。元は落語だけあって、ことば遊びに話のオチをかけたりして、楽しい。子どもながら立派な力士になりきっているたかのつめ君、どすこい!

2016/04/10

おはなし会 芽ぶっく 

4年生ブックトーク授業 芽ぶっくのおすすめ本 最低2冊は読む宿題をだしたので、絵本中心に選書しました。(長いおはなしはちょっと…な子が多いので) 国語の単元で落語を勉強したのでこちらも。春風亭昇太さんは笑点で分かってくれました。

2019/12/11

猪子

昭和元禄落語心中のアニメを見ていて「落語って新しいお話を自分たちで作るのかな?」と話していたので実にタイムリー!落語家さんがオリジナルでお話を作るんですね。しかもこんなに自由な内容で!春風亭昇太さんが実際に高座で話されているのに比べたら分かりやすくアレンジされているとは思いますが、こういうお話だったら子供でもわかりやすいよね。たかのつめと先生の掛け合いが面白かったでごわす。

2017/03/07

感想・レビューをもっと見る