読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

会えるかも⁉ 妖怪ずかん

会えるかも⁉ 妖怪ずかん

会えるかも⁉ 妖怪ずかん

作家
よしながこうたく
ようかいガマとの
出版社
あかね書房
発売日
2020-11-13
ISBN
9784251099372
amazonで購入する

会えるかも⁉ 妖怪ずかん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

shiho♪篠笛練習中♪

そっか、妖怪って神さまの時代からすでに登場(ヤマタノオロチ)してましたね。時代を問わず日本各地に伝わる妖怪。そして妖怪が語源になった言葉(妖怪「おとろし」→「恐ろしい」に)など、日本の歴史、日本の人々の暮らしに根付いていて、奥が深いんだなぁと改めて思いました。 あと随所に登場する江戸時代の妖怪画・鳥山石燕も気になった人物。またどこかで追っていきたいな。 よしながこうたくさんの妖怪の絵も子ども受けしますね。まさにポスト水木しげるさん!親子で読みたい本です。

2021/05/04

そうさん

7歳。発売日前からチェックしていたのに、読むのが遅くなってしまった。表紙を見た途端、早く読みたいと言い出し、読んだらやはり子どもは大ハマり!よしながこうたくさんの絵は迫力があり、その絵がこんなに沢山楽しめるだけで、贅沢な気分になれる。妖怪の背景の絵に信号や標識、高架下など、子どもが大好きなものが出てくるのもポイント高い!現代に妖怪が現れたらという視点で描かれているので、怖さも倍増しているのか、子どもは対処法を覚えなければと躍起になっていた。

2021/07/25

そうさん

再読。絵が本当に巧いよねと呟きながら眺めている。

2021/07/29

ネジとサビ

これは楽しいから、子供たち大好きだろうなぁ~。 怖すぎないのも良いね。

2021/04/26

麻ノ葉

よしながさんの絵にパンチがあるので、いかにもな解説が続くのかと思いきや、ユーモアにあふれていて読んでいて飽きない感じだった。 ボリュームのわりにお手頃価格なのも素敵。 しかし裏見返しの索引は、ちょっと盛りすぎ。絵だけで解説がないものも含まれている。

2021/03/06

感想・レビューをもっと見る