読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生きやすい 2 (2) (書籍扱いコミックス)

生きやすい 2 (2) (書籍扱いコミックス)

生きやすい 2 (2) (書籍扱いコミックス)

作家
菊池真理子
出版社
秋田書店
発売日
2020-10-16
ISBN
9784253107457
amazonで購入する Kindle版を購入する

「生きやすい 2 (2) (書籍扱いコミックス)」のおすすめレビュー

「人の気持ちを勝手に“同期”してしまう」「くつろげなくて号泣」生きづらさに共感する実録エッセイ漫画第2巻

『生きやすい』(2)(菊池真理子/秋田書店)

 まるで、自分のことを描かれているみたい…。『生きやすい』(菊池真理子/秋田書店)はそんな衝撃を受けた1冊。日常の中で感じる、言葉で形容しがたい生きづらさを分かってもらえたような気がして、とてもうれしかったのだ。

 そんな貴重作の続編『生きやすい』(2)(秋田書店)にも分かりすぎる生きづらさが描かれており、なんとも言えない気持ちになった。

 酔って奇行を繰り返す父親と新興宗教信者の母親を見つつ、壊れていく家庭の中で生き抜いてきた著者の菊池さんは、複雑な家庭環境の影響もあり、常に自分を責めたり、自己犠牲的な考えをしてしまったりする。

 もっと気を抜いて生きたいのに、それができない自分がイヤ。そんな心境に激しく共感するのは、きっと筆者だけではないはず。本作には、自己肯定感の低い私たちが自分を少し許せるようになるヒントが詰め込まれている。

「人の心を読まない」のも思いやり  私たちは誰かに嫌われず、あざ笑われないよう、人の心を読むことを習得し、美徳としている。十数年前、「KY(空気が読めない)」という言葉が流行ったの…

2020/11/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

生きやすい 2 (2) (書籍扱いコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みゆき

私自身モヤモヤに形を与えないまま放しておいて、押し潰されることが多々ある…。筆者はモヤモヤと向かい合って悩み考え抜いている。「職業病」もあるかもしれないけれど、メモやノートが多々あり、すごいな〜と思ってしまった。すべてにシンパシーを感じたわけではないけれど、想像力を鍛えられる感じ。

2020/10/31

感想・レビューをもっと見る