読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 ゆうえんち -バキ外伝- 1 (1) (少年チャンピオン・ノベルズ)

小説 ゆうえんち -バキ外伝- 1 (1) (少年チャンピオン・ノベルズ)

小説 ゆうえんち -バキ外伝- 1 (1) (少年チャンピオン・ノベルズ)

作家
板垣恵介
夢枕獏
藤田勇利亜
出版社
秋田書店
発売日
2020-10-08
ISBN
9784253107617
amazonで購入する Kindle版を購入する

小説 ゆうえんち -バキ外伝- 1 (1) (少年チャンピオン・ノベルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サケ太

めちゃ熱い。あの夢枕獏が、あの『バキ』シリーズを掘り下げるだけに飽き足らず、『謝男』のキャラまで取り上げる。しかも、自作の『餓狼伝』、『獅子の門』からもキャラを大盤振る舞い。愚地克己に存在した兄、葛城無門を軸に、松本太山(梢江の父)まで出して柳龍光との対決へ。しかし、どこからどこまで持っていくのか。情報量が多過ぎてとても楽しい。バキシリーズが好きなら間違いなく面白い。ゆうえんち、という設定もワクワクさせてくれる。挿絵、というかほぼマンガに近い量のイラストがリーダビリティを高めてる。今後の展開も楽しみすぎる

2020/10/24

hnzwd

夢枕獏の餓狼伝世界と、板垣恵介の刃牙世界が完全に融合したというか、、。オリキャラだし、克己の兄だし、バキ外伝という帯が付いているものの、これはもう餓狼伝外伝。。もうキマイラとか陰陽師のキャラが出てきても驚かない。『ゆうえんち』とは。雰囲気だけ感じさせて一巻は終了か。

2020/11/23

ソルト佐藤

出た! 買った! 読んだ! やっと単行本になったゆうえんち! いいよ、いいよ。やっぱり、獏先生の描く格闘物はいい。バキのアナザーストーリーとしてもよい。特に語り口。バキ特有のインタビュー形式。実は小説の語りとしてもマッチしているかも。マスター国松の語り、狂っていて恐ろしくて、どこかおかしな感。藤田先生のさし絵も完全収録ではないけれども2ページに1つはかならず入っている! これは現代の絵物語!

2020/10/10

ぶんぶん

【図書館】図書館の新刊コーナーに1、2巻揃えてあったので借りて来た。 夢枕獏かぁ・・・「飢狼伝」「獅子の門」「キマイラ・シリーズ」「魔獣狩り」「闇狩り師」「陰陽師」読んだなあ、シリーズ最後まで読んだ事無いけど。 終わらないんだよね、延々と続く、キマイラなんかは私が死ぬまで終わらないんじゃないかな。そんな訳でちょんの間楽しめれば良いかと、借りて来た。、相変わらずの荒唐無稽の格闘技小説、しかも、「バキ」とのコラボ、時間つぶしには最高。出だしはいろいろな人たちが入れ代わり立ち代わりで面白い。続けて2巻に行こう。

2021/03/10

うさみP

『ゆうえんちって、知っているかい?』古今東西の殺人技術が集まる遊技場。そこを探し求める、蘭陵王の如き眉目秀麗の少年。何故、最凶死刑囚が。空道と暗器の使い手・柳龍光が捕まったのか。触れられなかった部分。これは面白くない『わけ!』がない。拳が言葉となりぶつかり合う。恥ずかしながら、夢枕獏さんの作品は耳にする程度の知識もないが、どの格闘家も魅力的で(どこまでがゲストかわからないが。ファンは大喜びでしょう)刃牙の世界に違和感なく簡潔だが綺麗な文章で、本編さながら挿絵も相まって読みやすかった。

2020/10/20

感想・レビューをもっと見る