読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

和田慎二傑作選 あさぎ色の伝説 菊一文字 (書籍扱いコミックス)

和田慎二傑作選  あさぎ色の伝説 菊一文字 (書籍扱いコミックス)

和田慎二傑作選 あさぎ色の伝説 菊一文字 (書籍扱いコミックス)

作家
和田慎二
出版社
秋田書店
発売日
2019-09-13
ISBN
9784253107853
amazonで購入する

和田慎二傑作選 あさぎ色の伝説 菊一文字 (書籍扱いコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みのにゃー

和田先生というとご自分の似顔絵でお馴染みヒゲ眼鏡が思い浮かぶが、性格とかどういう人物だったのかは知らなかった。新谷・佐伯夫妻のインタビューで少し垣間見えた感じ。ストーリーのほうは、菊一文字を手に入れた経緯の『菊一文字』、咲之進に宛てた芹沢鴨の手紙が好き。もっと描いて欲しかったんだけど、巨悪に立ち向かう新撰組というのは難しかったのか。新撰組の年表が載っていなくて残念。

2020/06/03

和田慎二版新撰組。コミカルさと凄惨さとが同居しているのが和田慎二らしい……という読み味。著者がどこまで描くのを意図していたかはわからないが、各人に仕込まれていたっぽい伏線はもう少し回収されるまで描いてくれてもよかったかも。竹本泉が書いているように、信楽老が黒幕で出てきても面白かったかも。

2019/11/10

直人

1977年〜1990年に掲載されたもの。 短編〜中編集であるがシリーズとしての完結には至っていない(どこまでを“完結”とするのかにもよるとは思うんだが)。 和田先生の描く沖田総司は,イメージ的には堺雅人が演じた彼ととてもイメージがダブる。 その飄々とした感じが。

2019/10/27

感想・レビューをもっと見る