読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ウルフガイ 9―狼の紋章 (ヤングチャンピオンコミックス)

ウルフガイ 9―狼の紋章 (ヤングチャンピオンコミックス)

ウルフガイ 9―狼の紋章 (ヤングチャンピオンコミックス)

作家
平井和正
田畑由秋
余湖裕輝
泉谷あゆみ
出版社
秋田書店
発売日
2010-12-20
ISBN
9784253150590
amazonで購入する

ウルフガイ 9―狼の紋章 (ヤングチャンピオンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぴっころ

狼王ロボを人間同士の現代劇で見てるようだ

2018/10/02

脳髄男

キャプテン・ハーロック「男なら、危険をかえりみず、 死ぬと分かっていても 行動しなければならない時がある。 負けると分かっていても 戦わなくてはならない時がある 」

2012/10/06

ないぱち

絵が良かったのと、ちょっとエロいの読みたいなあと思い読みました。 ……どうしてこうなった。正直読まなければよかったと思うほどに胸糞悪くなりました。 こういう漫画をあまり読んだことなかったからかもしれませんが、救いようがない展開が読む側の僕にも絶望的な気持ちにさせられました。 でもこれは心に残ってるということで、マンガ的にはいいことなのでしょう。 胸糞悪くなると言っておきながら、次巻がでたら買うと思います。犬神には頑張ってほしいし、青鹿先生は壊れないでほしいです。

2011/02/11

四海鏡

竜子の人間ならではの狂気と、それを簡単に超越する犬神の狼男としての正気が凄い。叔母さんと犬神の会話シーンは、ベタだけどイイ感じ。あと、前巻からネットに動画公開の流れは蛇足なんじゃという気もしてたけど、青鹿先生がクスリでイカれたシーンは普通にビックリした。

2010/12/31

bbb

○。まだ続く。

2010/12/22

感想・レビューをもっと見る