読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちひろさん 8 (A.L.C.DX)

ちひろさん 8 (A.L.C.DX)

ちひろさん 8 (A.L.C.DX)

作家
安田弘之
出版社
秋田書店
発売日
2018-07-13
ISBN
9784253159784
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ちひろさん 8 (A.L.C.DX)」のおすすめレビュー

アラサー女性のバイブル! 風俗嬢『ちひろ』が放った、珠玉の名言

『ちひろさん』(安田弘之/秋田書店)

 Eleganceイブで連載中の漫画『ちひろさん』が、7月26日発売の9月号で第一部完結を迎えました。最終ページには「しばらくの間、お休みをいただきます」とあり、第二部スタートの発表が早くも待ち遠しい限りです。

あらすじ 【海辺のお弁当屋で働くちひろは、元風俗嬢で、町の有名人。7月発売の最新刊8巻では「こんなふうに生きたい」とちひろが憧れている女性が、行方不明に。やがてちひろは、衝撃の事実を知ることになります。そのほか、おなじみのメンバーが登場する、賑やかな一冊。】

 ご存じの方も多いと思いますが、じつはこの作品、『ちひろ』(安田弘之/秋田書店)という漫画の続編です。前作は、風俗嬢時代のちひろが主人公です。“ちひろさん”とは違い、刺々しさや寂しさが入り混じった、若かりし頃のちひろが描かれています。

【ちひろは、ヘルスで働く風俗嬢。美人で愛嬌たっぷりの彼女は、もちろん人気No.1。彼女に会うため、いろんな客が訪れます。しかし、客前で見せる笑顔は彼女のほんの一面に過ぎません。愛情深いようで冷たく、優しいように見えて、怒…

2018/9/2

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ちひろさん 8 (A.L.C.DX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ichi-papa

花札のおじさんのお話が特に心に残りました。でも全体的に、ちひろさんの心の「柔らかい部分」にふれた気がしました。生きていくのは難しい。特に、自分らしく生きていくのは難しい。それでも、生きていかなければならないのですよね・・・。

2020/09/22

ぽぽ

だんだんと人の距離が近づいていく。花札おじさん、私ともコイコイしてくれないかな。私も温度を感じられる人間になりたい。

2019/04/18

pugyu

ゆっくり読むつもりがすぐ読み終わってしまいました。表紙のマダムがいいな〜。野良猫というのは、飼い猫と違って対等な気がする。ウチにも来てくれる子が何匹かいたけど、姿を見せなくなった子もいる。最後をきちんと見届けたら、喪失だけじゃない何かが残るかな。弁当屋の奥さん、タエさんステキ。わざわざ栗買ってきて栗ごはん作るのは剥く楽しみがあるから。そうだよねー。視力を失っても、きちんと深く見つめてる人。

2018/07/18

かえる

あっちゃん回、めちゃくちゃ共感。ひとそれぞれ大事にしているものがあるならそれを大事にしていきたい、尊重していきたいって改めて思う。

2018/07/16

mizuhonomio

ちひろさんが、少しずつ、少しずつ、変化している。気がします。

2018/07/13

感想・レビューをもっと見る