読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アリーズ2~蘇る星座宮~ 9 (プリンセスコミックス)

アリーズ2~蘇る星座宮~ 9 (プリンセスコミックス)

アリーズ2~蘇る星座宮~ 9 (プリンセスコミックス)

作家
冬木るりか
出版社
秋田書店
発売日
2011-05-16
ISBN
9784253196796
amazonで購入する Kindle版を購入する

アリーズ2~蘇る星座宮~ 9 (プリンセスコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒロ@いつも心に太陽を!

そうか、ウラノスが黒幕だったのかー。ここにきて祖神の登場・・・結局アポロンも元々持つ優しい性質につけこまれていいように操られてたってわけか。それじゃゼウスは今回どこにいるの?そしてアリサの死を鍵に翔がハデスとして覚醒。でも冥府の王だもんね、そりゃアリサを迎えに行くだろうよ。今回の転生ではアリサも翔も違う相手を選ぶかと思えたが、この流れでいくとやはり二人は結ばれるんだろうなー。ああ、ポセイドンがちょっと可哀想(;ω;)で、ゼウスはどこー??

2012/02/26

月華

デメテルの娘を思う気持ちはいつも一途だと思うけれど、毎回一番引っ掻き回している原因な気がしてしまいます。

2011/11/15

riko_21

何故か松本小夜子さんという名前を忘れなかった位、Iの頃から嫌えなかった人なので、真の味方になったなーという感がするこの巻は嬉しい。ヘルメスは毎回一途だなあ……。

2011/05/20

宮城

冥王の記憶が戻った。アリサの魂が…で。 が、魂戻したらまた記憶がなくなるのか?いやでも。覚醒したっていうけど。…ウラノスの行動は夫婦愛なのか???次巻が楽しみである。

2011/05/17

ミレー

ヘカーテ成長日記読んでるような気分になってきた。あとやっぱヘルメス不遇。、

2014/10/02

感想・レビューをもっと見る