読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダーウィンズゲーム 23 (23) (少年チャンピオン・コミックス)

ダーウィンズゲーム 23 (23) (少年チャンピオン・コミックス)

ダーウィンズゲーム 23 (23) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
FLIPFLOPs
出版社
秋田書店
発売日
2021-05-07
ISBN
9784253223188
amazonで購入する Kindle版を購入する

ダーウィンズゲーム 23 (23) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しぇん

まさかの王……。に、ダンジョンさんが。と久々にガチギレのかなめさんが見れそうなひきですね。まだまだ伏線多いから完結まで長そうですね、そしてソータ兄さんもキューピット果たさないと、まだ消えるわけにはいかないかんじですが死亡フラグじゃないですよね?

2021/05/08

地下鉄パミュ

色んな世界のカナメきゅん。平和な世界の間の抜けたようなカナメきゅんも悪くはないんだろうけどシュカちんには物足りなく映るかもね。平和な世界での2人の世界かぁ・・・この漫画の主旨からは外れちゃうかな。戦闘に向かう逞しくキリッとしたカナメがやっぱり良い。バトル勃発じゃあぁぁ〜しかもDG史上1番の嫌われ者あの方の再登場!これはヤバいでしょう!連載に余裕があったらDGが誇るベストカップル2人の日常回もお願いしますね。オージお邪魔虫すんなよwwwやっぱりおまけ的でも良いから見たくなるラブパート。

2021/05/12

ヤギ郎

シリーズ第23巻。人間に化けるグリードの登場により、現実世界のみんなは窮地に陥る。異能(シギル)をコピーする能力のグリードにより、グリードにも戦略を持つようになった。シュカとククリは世界枝の移動を試みる。物語が広がり、世界の真相がわからなくなる。今後が楽しみ。

2021/05/12

彼方

圏外村を襲うグリードの群れ、シギルをコピーする個体まで現れスズネは単身相対する…第23巻。登場人物が多くて多角的なため中々焦れる展開、表紙のスズネちゃん、黒髪ロリのイメージが強すぎて初め誰…?と思ったものの逞しくなったようで…危機にはドキドキさせられましたけれど何とか…ただ犠牲も…。オボロ君、味方になったとたん早速弱体化して悲しいな…シギルコピーの条件的に他の世界線なのか死後に何かあるのか、また不快な相手が出てきて先が長そうで、早くSRが復活してスッキリとした区切りにたどり着いてほしいところですね…。

2021/05/08

毎日が日曜日

★★★

2021/05/09

感想・レビューをもっと見る