読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バキ道 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)

バキ道 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)

バキ道 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
板垣恵介
出版社
秋田書店
発売日
2021-05-07
ISBN
9784253223751
amazonで購入する Kindle版を購入する

バキ道 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

烈海王の異世界転生マンガと同時発売の⑨巻ば読みました。ついに全身の骨が鞭化した克巳による音速ハイキック!!! 花山組長戦と同じく逃げる逃げる、10秒逃げるッッ。逃げ神様に戦友・烈が憑依。最後は、まさかのスンドメ!?!? さあて、星はどちらについたのか・・・。アノ克巳だからなぁと期待せず読んだが、なかなかどうして面白いじゃん◎

2021/06/21

しゅうと

相撲とバキ率いる格闘家たちが闘うことに無理を感じる。相撲がファンタジーの格闘家たちに勝てるわけがない。

2021/05/07

マサキチ黒

オトコが男に惚れるってのはこういうコトだぜ!なるほど。BLだね。

2021/06/12

北白川にゃんこ

三人の力を魅せた!中々盛り上がった気がする。前までの戦いよりは。

2021/05/10

3 新刊読了。関脇・獅子丸vs愚地克巳。死んだ烈の腕を勝手にくっつけちゃった克巳が、勝手に烈の技をコピーして2対1とか言ってやがる。わりとドイヒーな話…烈は異世界でバトルするのに忙しいんだから腕返してやれよ。力士たちは本当にただひたすら噛ませ犬、地下闘士達を引き立たせるためのプロレスのジョバーみたいなもんで、見ていて悲しくなってくる。宿禰の出番も刃牙の出番も全然なくて、作者が描きたいものと読者が読みたいものが年々乖離していっている気がする。

2021/05/10

感想・レビューをもっと見る