読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕の心のヤバイやつ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
桜井のりお
出版社
秋田書店
発売日
2021-07-08
ISBN
9784253226677
amazonで購入する Kindle版を購入する

「僕の心のヤバイやつ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)」のおすすめレビュー

【次にくるマンガ大賞 2021特別企画】過去の受賞作を振り返り!「地味な私に学園一のイケメンが~」の男女逆転版ラブコメ『僕の心のヤバイやつ』

『僕の心のヤバイやつ』(桜井のりお/秋田書店)

 ユーザーから「次にくる」と思うマンガを募集し、そこでノミネートされた作品から投票によって大賞を決める"ユーザー参加型"のマンガ大賞「次にくるマンガ大賞」。7回目となる今年のノミネート作品が出そろい、6月18日(金)から投票がスタートする。ぜひ参加して推しの作品を応援しよう! ドキドキの結果発表を待つ間に、過去の受賞作品を振り返ってみてはいかがだろう。本記事では2020年にWebマンガ部門で第1位を獲得した『僕の心のヤバイやつ』(桜井のりお/秋田書店)を紹介!

 本作の内容は、“陰キャ少年×陽キャ美少女の青春格差ラブコメ”。もともとは『週刊少年チャンピオン』の連載作品で、現在はウェブコミック配信サイト『マンガクロス』で連載されている。

 男性人気が高い作品だそうだが、なぜ男向けのラブコメがこれほど熱狂的に読まれているのか。一つはヒロインの山田が圧倒的にカワイイからなのだが、この作品には他にも多様な魅力が詰まっている。その面白さを解説していきたい。

 まずはあらすじと登場人物について。

 主人公の中学生男子…

2021/6/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

僕の心のヤバイやつ 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

星野流人

右手を骨折して始まった新学期。山田のうちに行ったり、バレンタインチョコを作りに行ったり。ここにきて中学生という未来の可能性が開けている立場だからこその悩みが出てきたりと、存分に青春をしている印象です。山田家のパパもママも魅力的なので、もっと家族ぐるみでお付き合いするエピソードあったら楽しそうですね。パパと市川は仲良くなりそうな……。 バレンタイン回、いいやつだけど遊びだす萌子と、そういうのよくないってちゃんという芹那がかなり良かったです。ばやしこはばやしこ。

2021/07/13

かんけー

読了♪冒頭、新年新学期の教室で京太郎は骨折した右腕の件で女子リア充グループに囲まれて?杏奈との行ったり来たりの行き違いと勘違い及び、ちょっとしたすれ違いは在るが?両片想いに相応しく、どちらかが相手を思いやる心根が清々しくその純粋過ぎる描写にGJ と♪デコボココンビではあるが、砂糖分多めな甘酸っぱい心理描写にもニヤニヤが止まらない~(^_^;)自分的に推しは杏奈だが、イケメン好きのギャル萌嬢も空気読み機転の見事さにぞっこん♡であると(笑)杏奈の両親登場で物語は次のステージへと♪お姉ちゃん、要所で存在感発揮→

2021/07/09

トラシショウ。

「・・・思うに習い事をやめるたび親御さんがご馳走を作ってくれるのって、挑戦する事はやめて欲しくないからだ。山田ならまた前を向ける事知ってるから・・・・・・僕も」。前巻終盤にて山田さんに想い(※not告白)を曝け出した市川。中学二年の三学期が始まり、冬休みの骨折から周りを頼らざるを得ない状況がまたしても二人の仲を進展させていくが・・・。ひょんな事から生じた誤解を巡り訪れる事になる二度の山田さんお宅訪問回、兎にも角にも周囲のアシストが素晴らしかった。みんなみんなマジGJやで(笑)!!(以下コメ欄に余談)。

2021/07/18

わたー

★★★★★萌子パイセン…一生ついていきやすぜ。骨折した市川の補助を山田が担うことで距離が縮まったり、かと思えば不用意な発言で気まずくなったり…この、まだどっちにも容易に転びそうな感じがむず痒くて堪らなく愛おしい。周りを固める友達も、2人を見守る体勢に入っているのがいいよなあ。あっ…ばやしこはそのままで大丈夫です。

2021/07/08

GORIRA800

チョコをみんなでつくると誘われたと勘違いしたと思ってしまうのつらいなあ・・ まあそんな中でもみんなそれなりに優しい面をところどころ出してくれるのが良いですね 結構ラブコメ物って急展開が多い印象があるのでこの作品のように緩やかに好意が付け加えられていく空気感は好きですね むしろこの作品はそんな緩やかさが面白いというか

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る