読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

弱虫ペダル 57 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 57 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 57 (少年チャンピオン・コミックス)

作家
渡辺航
出版社
秋田書店
発売日
2018-08-08
ISBN
9784253227179
amazonで購入する Kindle版を購入する

弱虫ペダル 57 (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

wata

キモい妖怪と痴漢の京伏には、絶対負けてほしくない!夢の三人一緒にゴール、頑張れ~!!

2018/10/28

くりり

夢の三人一緒にゴールは...妖怪と変態が迫ってる!

2018/10/15

緋莢

IH最終日。残すは最後のゴール。猛追する御堂筋。相変わらず別マンがだよな~というぐらい、妖怪というか化け物みたいな描き方されてます。小毬も筋肉について熱く語ってますが、執拗に触ろうとする辺りは変態にしか見えません。自分が勝てばいいから、箱根学園のジャージに勝って欲しい と思えるようになった新開の姿が良かったです。先頭の今泉、坂道に追いつくための真波と鳴子の勝負。鳴子の読み勝ちで、総北は3人揃った訳ですが、そう簡単に終わるわけもなく・・・

2018/09/05

あなほりふくろう

ちったあ仕事しろコミッセール、な第57巻。御堂筋が悠人にゴンゴンやってるの、あれ間違いなくアウトだからな。今回は箱学二人vs鳴子のバトルがメイン。仲間を信頼したその「読み」もさることながら、なんだかんだで登坂で真波に追いつけてる鳴子すごい。これは「器用貧乏」って言われること待ったなしですな、バルベルデのように。もひとつ、悠人「箱根学園のジャージに勝ってほしい」銅橋のときもそうだけど、若い選手のこんな成長が本当に喜ばしい、気持ちがいい。

2018/08/11

capeta

京伏は新開弟くんが抑え、箱学は鳴子が抑える。トップをキープする総北。残り7キロ。最終局面へと。返事うす味の妙。次巻も楽しみ。

2018/12/04

感想・レビューをもっと見る