読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

弱虫ペダル 58 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 58 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 58 (少年チャンピオン・コミックス)

作家
渡辺航
出版社
秋田書店
発売日
2018-10-05
ISBN
9784253227186
amazonで購入する Kindle版を購入する

弱虫ペダル 58 (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

ド派手な鳴っちの超特急!ゴールは遠い...

2018/10/19

あなほりふくろう

鳴子と今泉の熱い信頼関係はものすごく伝わってきたんだが、だからなんで簡単にサドルが取れるんだよどんだけ整備不良なんだよってwww

2018/12/01

緋莢

鳴子が合流し、総北がそのまま3人そろってゴール!なんて上手くいくはずもなく。箱根学園の黒田と真波が、そして、京都伏見の御堂筋がやってきます。もう何回書いたか分からないぐらい書いてますが、御堂筋だけ別漫画というか完全に化け物だろ。特に「捕(トゥカ)まえた 箱根学園(ハエ)と総北(ベンジョバエ)!!」の見開きのページの御堂筋。総北と箱根学園が巨大な化け物から自転車で必死に逃げてる面々にしか見えません。今泉、坂道の鳴子への根性注入、そして、出し切った鳴子がレースを続ける2人に根性注入する場面が熱かったです。

2018/11/01

まふぃん

どんどん皆がリタイアしていく。友情を感じる巻でした。

2018/11/22

こも 零細企業営業

鳴子くん、サドル捨てたら‥‥限界まで走って、転倒して。後遺症とか残らないよね? 鳴子くんの限界を見てると、京都の妖怪はコレを一人で踏破してる。 化け物だわ。

2019/03/10

感想・レビューをもっと見る