読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あっぱれ!浦安鉄筋家族(5) (少年チャンピオン・コミックス)

あっぱれ!浦安鉄筋家族(5) (少年チャンピオン・コミックス)

あっぱれ!浦安鉄筋家族(5) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
浜岡賢次
出版社
秋田書店
発売日
2019-12-06
ISBN
9784253229258
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あっぱれ!浦安鉄筋家族(5) (少年チャンピオン・コミックス)」の関連記事

伝説のギャグ漫画『浦安鉄筋家族』の実写ドラマに「再現度が完璧すぎるwww」と爆笑の声続出!

『あっぱれ! 浦安鉄筋家族』6巻(浜岡賢次/秋田書店)  連載25年超えの歴史を誇る浜岡賢次の漫画『浦安鉄筋家族』が、佐藤二朗主演でドラマ化。2020年4月10日(金)から放送が始まっているのだが、早くも「再現度が完璧すぎるwww」「俳優陣の本気度がスゴい」と爆笑の声が続出している。  同作は、『週刊少年チャンピオン』で連載中のギャグ漫画。千葉県浦安市に住むパワフルな家族・大沢木一家のドンチャン騒ぎを描いた作品だ。大沢木家の大黒柱・大鉄を佐藤が演じ、母・順子役で水野美紀も出演。本多力、岸井ゆきの、斎藤汰鷹によるにぎやかな子どもたち、坂田利夫による祖父・金鉄も巻き込んで毎週様々な騒動が繰り広げられていく。  主演を務める佐藤は、ドラマのスタートにあたって「25年以上も連載が続く大人気漫画が原作ということで、“俺が主演でエエんかいな”というのが正直な感想です」とコメント。一方原作者の浜岡も、「問題が多くて絶対無理だよ~」「汚いドラマになったらゴメンなさい」と少し弱気な発言をしていた。  しかしドラマが始まってみると、原作を忠実に再現した映像やキャスト…

2020/4/24

全文を読む

関連記事をもっと見る

あっぱれ!浦安鉄筋家族(5) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

地下鉄パミュ

勢いだけでなく起承転結を考えた話しも出て来て、タイトルを変えつつもハマケンさんは進化しているんだなと感じました。【61ミャオ】ワニを愛車に・・・愛護団体がうるさそう。【62】越中。【63】柳増殖。【64】色気増し増し。【65】浣腸。柳でなくて穴川なのは◎。【66】小力やん。髪フェチのりこ発動。【67】心霊写真捏造。お前か稲ジュン。【68】貧乏神だけど心配性で良い奴。【69】ジャッキー悲惨。【70】山本浩二降臨。【71】絵日記回。毎回この絵なら楽?【72】香り付きの消しゴム。懐かしい【73】TBS。

2019/12/18

感想・レビューをもっと見る