読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あっぱれ!浦安鉄筋家族 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス)

あっぱれ!浦安鉄筋家族 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス)

あっぱれ!浦安鉄筋家族 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
浜岡賢次
出版社
秋田書店
発売日
2020-04-08
ISBN
9784253229265
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あっぱれ!浦安鉄筋家族 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス)」の関連記事

伝説のギャグ漫画『浦安鉄筋家族』の実写ドラマに「再現度が完璧すぎるwww」と爆笑の声続出!

『あっぱれ! 浦安鉄筋家族』6巻(浜岡賢次/秋田書店)  連載25年超えの歴史を誇る浜岡賢次の漫画『浦安鉄筋家族』が、佐藤二朗主演でドラマ化。2020年4月10日(金)から放送が始まっているのだが、早くも「再現度が完璧すぎるwww」「俳優陣の本気度がスゴい」と爆笑の声が続出している。  同作は、『週刊少年チャンピオン』で連載中のギャグ漫画。千葉県浦安市に住むパワフルな家族・大沢木一家のドンチャン騒ぎを描いた作品だ。大沢木家の大黒柱・大鉄を佐藤が演じ、母・順子役で水野美紀も出演。本多力、岸井ゆきの、斎藤汰鷹によるにぎやかな子どもたち、坂田利夫による祖父・金鉄も巻き込んで毎週様々な騒動が繰り広げられていく。  主演を務める佐藤は、ドラマのスタートにあたって「25年以上も連載が続く大人気漫画が原作ということで、“俺が主演でエエんかいな”というのが正直な感想です」とコメント。一方原作者の浜岡も、「問題が多くて絶対無理だよ~」「汚いドラマになったらゴメンなさい」と少し弱気な発言をしていた。  しかしドラマが始まってみると、原作を忠実に再現した映像やキャスト…

2020/4/24

全文を読む

関連記事をもっと見る

あっぱれ!浦安鉄筋家族 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

地下鉄パミュ

ドラマ化に合わせての単行本発売。ドラマから単行本に入って来る人がいますように。【76ミャオ】ドリフのバカ親子のやり取りだね。志村の他界にハマケンは何を思う?本編で偲んでくれるのだろうか。【78ミャオ】ヤマチャンでやりそうな鼻くそネタ。鼻くそホジホジし過ぎると鼻血が出ますよ。スタンリッジ(元阪神の投手)が良くホジホジしてたなぁ。【90ミャオ】この巻で1番好きかも。他人の家族の親を呼び捨てに出来るのって何か良いね。仲が良いって事にもなるよね。【総括】レビューが3つしか無いけど6巻も笑った!7巻もシクヨロ!

2020/04/17

感想・レビューをもっと見る