読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 4 (4) (チャンピオンREDコミックス)

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 4 (4) (チャンピオンREDコミックス)

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 4 (4) (チャンピオンREDコミックス)

作家
島田荘司
嶋星光壱
出版社
秋田書店
発売日
2021-10-20
ISBN
9784253233699
amazonで購入する Kindle版を購入する

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 4 (4) (チャンピオンREDコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦ちゃんの下僕

ホームズが挑んだ「ミイラ事件」をワトスン/夏目漱石各々の視点から描いた異色のパスティーシュ…ついに完結!事件の真相についてはツッコミどころも多々ありますが(笑)…部屋を密室にした理由はなかなか興味深かったですね。そして何より、嶋星さんが描くホームズ&漱石の“表情”が魅力的すぎます!劇的なシーンの数々の演出も実に冴えていて、まさにコミカライズの“意義”が遺憾なく発揮された最終巻でした!原作も今すぐ読みたいところですが…ホームズの“正典”&漱石の著作を何冊かずつ読んでからチャレンジしてみたいと思います(笑)

2021/11/10

コリエル

完結。奇矯なホームズと令利なホームズの2つを楽しめるお得な作品だった。御手洗くんの原型はホームズにありということかなと思わせる一作。

2021/10/21

感想・レビューをもっと見る