読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

VANITAS~ヴァニタス (チャンピオンREDコミックス)

VANITAS~ヴァニタス (チャンピオンREDコミックス)

VANITAS~ヴァニタス (チャンピオンREDコミックス)

作家
Cuvie
出版社
秋田書店
発売日
2014-06-20
ISBN
9784253233989
amazonで購入する Kindle版を購入する

VANITAS~ヴァニタス (チャンピオンREDコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kenitirokikuti

TUTAYAにてレンタル。Cuvie氏は現代若者の性愛ものと西洋歴史もの(バレエ経験者だそうな)を軸に活動しているマンガ家だ。本作は全6話の連作短篇で、この後にバレエの長期連載作を始めている。本作は割りを食った感じ。概略はファウストのアレンジで、男と交わりその若さを吸う女夢魔が登場する。一捻りあった彼女の半身は女と交わるとそれを若くする男夢魔であるす。1話のみ中世ヨーロッパの話があり、ちょっと分かりづらい▲漫画などに登場する女夢魔(サキュバス)、昔ちゆ14歳が調べてたっけ。

2018/01/30

きのと

でっていう

2019/11/18

Yasuko Yamamoto

インキュバスとサキュバス

2014/11/30

誰パンダ

えっちなサキュバスとインキュバスの話。さすがエロ漫画家だけあって、エッチなシーンはめっちゃエッチ。

2018/05/22

fukafkacraft

『絢爛たるグランドセーヌ』を読んで絵が気に入ったので、この作家の絵でエロという興味本位。冴えない男が夢魔に誘惑される性描写は、女性作家なのに男(少年)の妄想がよく解っていてなかなか良かったが、男から奪った寿命を男夢魔として女に若さを与えるという設定に無理があり、物語としての魅力が相殺されてしまっている。少年マンガにそのまま性描写を足したような作品。

2018/03/03

感想・レビューをもっと見る