読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不安の種*アスタリスク 2 (チャンピオンREDコミックス)

不安の種*アスタリスク 2 (チャンピオンREDコミックス)

不安の種*アスタリスク 2 (チャンピオンREDコミックス)

作家
中山昌亮
出版社
秋田書店
発売日
2020-07-20
ISBN
9784253237482
amazonで購入する Kindle版を購入する

不安の種*アスタリスク 2 (チャンピオンREDコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

おぞましさ増量中(苦笑) 『憚り事』『拝借』の違和感がつたえる怖さ。『えのださん』の侵食。一歩踏み越えると帰ってこれなくなる、そんな怖さがおぞましい。地名がリアルを想起させるからイヤ(笑)

2020/07/22

澤水月

前の巻より怖さ増してる! 口笛吹く男の子は視覚的に泣いた…! やはり絵力ある作者さんだ。ぶどうかみかんか迫られる夢、さらに選択肢が増えて… よく思いつくなー。「不安の種」はホラー漫画の新たなエポック作ったと思う。この異形たちは真似できるもんじゃない(海外で真似た?映像かゲーム見た気がするが、日本では亜流にしかならない)。このシリーズはほそくながくでいいから続けてほしい

2020/09/25

なつのおすすめあにめ

おちょなんさんいないアスタリスク。

2020/07/23

3.5 「拝借」「連環」「えのださん」など、「安の章」に結構好きなエピソードが多かった。「亜通路」「ちがう答え」などのドアップ系の話も好き。あとお面のエピソードは印象的。能面ってどう考えても不気味だよな。昔、京都駅にでっかい能面がファファファーって迫ってくるような広告があって、「え、怖…」って思ったのすごい記憶に残ってる。あんなもん部屋に飾るな。

2020/07/29

直人

イヤコミ。 一話あたりのページ数も少なければ,コミックス自体のページ数も少ないんだが,イヤはぎっしり詰まっている。 因果の因が明らかになっているなら手の打ちようもあるんだろうが,それに割かれるページもなければ言及もされていない。

2021/04/08

感想・レビューをもっと見る