読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

絢爛たるグランドセーヌ 18 (18) (チャンピオンREDコミックス)

絢爛たるグランドセーヌ 18 (18) (チャンピオンREDコミックス)

絢爛たるグランドセーヌ 18 (18) (チャンピオンREDコミックス)

作家
Cuvie
出版社
秋田書店
発売日
2021-07-19
ISBN
9784253239080
amazonで購入する Kindle版を購入する

絢爛たるグランドセーヌ 18 (18) (チャンピオンREDコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こも 零細企業営業

ネズミ役をしっかりやり切った!しかも、その後に振り付けのコンテストも、、何かいい成績を収めたらしい。

2021/07/22

Totchang

カバーの折返しにマルタの「マノエル劇場」とあったのでGoogleMapで確認したところ、外観が工事中であった。さて今回も難しい版の話が出てくる。ロイヤルのくるみではクララは12歳なので若手が演じるとのこと。そしてプリンシパルが演ずるのは花の精。Youtubeでは吉田都さんのパドゥドゥを見ることができる。一方ドイツで演じられるノイマイヤー振付では随分と異なるらしい。そんな不思議なバレエの世界を今回も覗かせてもらった。

2021/08/14

はなちゃん

元気な力強さだけでなく、凛とした美しさも感じられるようになりました。「プロ」としての意識にも目覚め、頼もしい限りです。

2021/08/05

らっこ

ついにプロと同じ舞台に立つことになるとか、遠いとこまできたな。怪我で本番に出れなくなった過去もありましたね。ラストで涙流しちゃうのも、夢を自分の視界に収めることができたからでしょう。さくらもチャンスを掴むものの悩みを抱えていてこちらも気になるところ。奏は全力ポジティブだから気にならないけど、さくらが壁にぶつかると余計心配になります。とはいえ吹っ切った印象ものるので、脆さも感じたけど意外に強かだったかな。また「人は物語に惹かれる」はほんとその通りですね。

2021/12/26

shushu

登録漏れ。主人公は、同級生たちとの振付創作プログラムでもクリスマスシーズンのくるみのねずみ役も難なくこなして、順風満帆。一方さくらは試行錯誤。早く次巻がでないかな。

2021/11/20

感想・レビューをもっと見る