読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

潮が舞い子が舞い 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

潮が舞い子が舞い 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

潮が舞い子が舞い 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
阿部共実
出版社
秋田書店
発売日
2021-02-08
ISBN
9784253252454
amazonで購入する Kindle版を購入する

潮が舞い子が舞い 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kanon

最後の右佐の感じ、なんとなく分かってしまう。男なら多分。青春を描くのと同時に青春とは遠くなってしまった大人も描いていて、もう、たまらんのです。

2021/04/05

4 新刊読了。何か、読めば読むほどキャラたちが可愛く思えてきて、何故かちょっと悔しい。術中にハマっている気がする! クラスがひとつあれば、そこには必ずイケてる奴らとイケてない奴らがいて、本作でも何となくイケてる女子グループやイケてない男子グループがあるのだが、どっちも愛らしいのが凄い。読者に寄せてイケてない男子グループの視点に立つと大抵イケてるグループがルサンチマンの対象になって醜く描かれがちなのだが、本作ではそんなこともなく、皆平等にカワイイ。勿論、そのこと自体が最も露骨なフィクションではあるんだけど。

2021/03/12

やはり、クラスほぼ全員が揃ったみたい。だんだん一話に動員される人数が増えてきて、みんな仲が良くて楽しそう。二度読みしているうちに、作者があんなにたくさんの人物紹介を各巻頭に置くのかを察する。水木土とか十百千とか似たような漢字がまとめてあるなと思っていたが、那智(黒)とハマ(+グリ=白)で碁石なんだと気づくと、この類似した意味は適当じゃなくて意図したものなんじゃないかと。そうしてみると狐塚は眼が細いし右佐は髪がウサミミで感情につれピョコピョコすると、次々に連想が溢れてくるとか。お楽しみはまだ埋めてあるか。

2021/02/11

プロムナード

当たり前のものとして愛が存在してる世界、そしてそれがいつか色あせてしまうことを知っている描写。相変わらず素晴らし過ぎる。なにげなく見てた表紙の絵面には、本編でそういう状況だったの……⁉︎ というサプライズ。

2021/02/14

すごい勢い

日常の余白は物語が少し触れただけで凄まじい混沌を吹き出しはじめる。潮が舞い子が舞い読者は揺らぐ。刀禰。刀禰刀禰。何ひとつままならず時間は弛緩する。言葉以外が鈍化する。

2021/02/12

感想・レビューをもっと見る