読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アリーズZERO~星の神話~ 1 (プリンセスコミックス)

アリーズZERO~星の神話~ 1 (プリンセスコミックス)

アリーズZERO~星の神話~ 1 (プリンセスコミックス)

作家
冬木るりか
出版社
秋田書店
発売日
2012-11-16
ISBN
9784253270519
amazonで購入する Kindle版を購入する

アリーズZERO~星の神話~ 1 (プリンセスコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月華

神代編。とにかくハデスが朗らかです。お兄ちゃんしています。一作目の暗さを考えると微笑ましく思ってしまいます。ベルセフォネーもとても可愛らしい感じです。ヘカーテにはハデスの辛さは理解できていないんだなといつも思ってしまいます。

2013/04/29

なつき

アルテミス&オリオン、ハデス&ヘカーテ、ハデス・ポセイドンvsゼウス。冥府に降りた当時のハデスがあんな可愛い笑い方をするとは。ヘカーテを主人公にするとベルセフォネーはいきなり出てきてハデスをかっさらっていったも同然。入社したときから好きだった同僚を新人OLに取られたOLのようだ…。ポセイドンに対してハデスがいつまでも『お兄ちゃん』なのが好きですが、現代編初期の「頼りにはなるが信用できない」扱いが微妙なことに。 ヘラ主人公の明るい話も読んでみたいですね。

2013/09/22

みや

神話時代のお話をこのシリーズで読みたかったので嬉しかったです。でも、やっぱりこのシリーズは、前の一作目がダントツだなぁ…。好きだったな…。

2012/12/10

王朱

アリーズの神話時代のお話。この頃は、まだ朗らかな笑顔の多い時代だったんだなぁ。

2012/11/16

都利

アリーズⅡでなくこっちを先に描いてくれれば良かったような……次はポセイドンとアンフィトリテの話ということで、とても楽しみです。

2013/01/16

感想・レビューをもっと見る