読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

やじきた学園道中記F(5)(プリンセス・コミックス)

やじきた学園道中記F(5)(プリンセス・コミックス)

やじきた学園道中記F(5)(プリンセス・コミックス)

作家
市東亮子
出版社
秋田書店
発売日
2018-10-16
ISBN
9784253271806
amazonで購入する Kindle版を購入する

やじきた学園道中記F(5)(プリンセス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふぃん

桜華台の話は好きだったので、また舞台になって嬉しい。 読んでいて久しぶりに楽しい♪

2020/06/10

まりもん

レンタル。白妙さま復活でちょっと安心していたら、緑川が上総介側に。嫌な感じだな。

2018/12/07

桜華台の危機に満を持して白妙様が…これでクライマックスに向けてようやくお膳立てが整った…って感じなのかしら?ハーディや姫御前がこのままこのお祭り騒ぎを黙って見過ごす人達とも思えないし、アラハバキ憑依問題と色々絡んでるけど、初期の読み切りはともかくとして、元はといえば葵上総介から始まってここまで引っ張って来た連載。そう考えたらこの決着でカタをつけるって事でいいのかもしれないけれど、この大風呂敷、どう畳むのかな(^_^;)

2018/10/27

しゃちおおかみ

セリフの文字数は多いし、聞いてもわからんけど文字で理解するのも難易度高い方言出てくるしで、コミックスなのに読むのに時間かかるったらありゃしない!(笑)。新幹線の先頭車両が丸くって「時速250Km♪」の頃の話だったけかとか、この頃の登場人物名、黄色い総武線系だったよねえ…なんてことを思い出しました。西船先輩、やじさんに船橋先輩って呼ばれてキレてたな。白妙様登場に心躍りますね。関東番長連合って大人になってから見ると、字面でこそばゆいですが、上総ノ介様何考えこんな事はじめたやら。アラハバキ様がどうも馴染まない。

2018/11/09

☆kubo

桜花台編好きだったからこの辺りは楽しい。そしてついに白妙様がー!あれ?でもお胸のボリューム、減ってない……?葵はいけ好かないので、ぜひやじさんにギャフンと言わせてもらいたいものです。

2018/11/11

感想・レビューをもっと見る