読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

やじきた学園道中記F(6) (プリンセス・コミックス)

やじきた学園道中記F(6) (プリンセス・コミックス)

やじきた学園道中記F(6) (プリンセス・コミックス)

作家
市東亮子
出版社
秋田書店
発売日
2019-03-14
ISBN
9784253272063
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

白妙が戻ってきた桜華台と帝国高校の武道勝負が勃発!! 傘下にくだるのはどっちだ!? 「アラハバキ編」クライマックスへ!!

やじきた学園道中記F(6) (プリンセス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゃちおおかみ

白妙様と話す上総ノ介をみて「なんて小物!」って思ってしまいました。アンタが小物だと姫御前の格まで落ちるじゃないのよ・・・!。ラスボスとして難アリですよ。懐かしい顏ぶれと、ちょっとだけキタさんの男装ネタ(と言うほどでもないが)に高揚感。瑠璃子の嫌味真似したって・・・やじさん、あれ嫌味じゃなくて本気だから~(笑)。忘れていたけどアラハバキ、どう絡んでくるのかな?。やじきたは昭和の話だけど、完結したら平成の今、彼らがどうなっているのか知りたいです。

2019/03/18

kinta

おお~、総キャラ無双状態だ!タンゴに嗤うw。どこに落とし前をつけるつもりなのか、非常にカオス。でも、着実に終結へ向かっていく感が寂しくもあり。

2019/03/17

あると

懐かしいキャラ満載。最後のページにグッと来ました。葵、恐るべし・・・

2019/03/14

感想・レビューをもっと見る