読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

妖精国の騎士 Ballad(3) (プリンセス・コミックス)

妖精国の騎士 Ballad(3) (プリンセス・コミックス)

妖精国の騎士 Ballad(3) (プリンセス・コミックス)

作家
中山星香
出版社
秋田書店
発売日
2019-12-16
ISBN
9784253274333
amazonで購入する Kindle版を購入する

妖精国の騎士 Ballad(3) (プリンセス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ライム

ラブコメから少し真面目にFTに移行しつつあって、作者も花冠テイストがやっと抜けてきたかな、と思ったり。こちらとしては大歓迎です!(勿論花冠も好きですが)永生者と人の子とのロマンス、今回はハッピーに終わることを願います。

2019/12/20

psy

おお、新刊!と購入。王道ファンタジイ。アルフヘイムその後が読めてとても嬉しいです。ローラントとシェンドラもお幸せそうでヨカタです。ちょっとムリかもですが、ローゼリィとアーサーも出てきてくれると嬉しいけど、そりゃーやっぱ無理でしょかね・・・そして次世代の皆さん。それぞれに健やかで眩しいですね。メリロットとリース、何となくファンタムーシュを思い出しました。ともに歩んでいくように・・・してくのでしょか。次巻もとても楽しみです。いつかな〜。

2019/12/18

み~くま

待望の新刊!懐かしい面々が登場してくれたので、それだけでも最高に幸せ気分♪シェンの態度がすっかり軟化し、ローラント夫妻が和やかな雰囲気になったことも嬉しいです。でも、今回の敵は一筋縄ではいきそうにありません。ロビンも苦戦を強いられる中で、更なる守護者が登場するのではないかと勝手に期待して一人でワクワクドキドキしています。次巻が今からとても待ち遠しいです。

2019/12/30

感想・レビューをもっと見る