読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

信長を殺した男~日輪のデマルカシオン~ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)

信長を殺した男~日輪のデマルカシオン~ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)

信長を殺した男~日輪のデマルカシオン~ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)

作家
藤堂裕
明智憲三郎
出版社
秋田書店
発売日
2021-10-20
ISBN
9784253302555
amazonで購入する Kindle版を購入する

信長を殺した男~日輪のデマルカシオン~ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tomoichi

その後の秀吉の物語が始まるけど、秀吉の朝鮮出兵と太平洋戦争まで繋げる気?隣国との歴史で戦争がないなんてないんだよ!歴史なんてそういうもの。

2021/12/28

はりーさん 

想像していたより面白い。秀吉が天下統一した時の資料は、権力者に都合のいいよう脚色されているから、自分が知っているこの時代の情報が真実とだいぶ乖離があるのが分かる。柴田勝家が天下を獲れなかったのは、越前という中心地から外れた領土だったというのが大きな理由かと思っていたんだけど、実際は裏切りだったのね。前田利家も戦国時代で財を成したんだから、大河ドラマで見たような気質な訳がないんだよね。唐入りが単に征服欲と信長の猿真似の愚策かと思っていたんだけど、これもスペインに対抗する為だとすると見方が変わってくる。

2021/10/25

ごみくず

★5.賤ケ岳の戦いと勝家滅亡まで。秀吉の自領長浜を戦場と想定した勝家への譲渡や住民買収、そして諜報や流言等、武士の枠を超越した壮大な戦を展開。太閤記作成は柴田を離反した前田家が出資し悪行を隠蔽。天正遣欧使節がインドで見た多くの日本人奴隷達の衝撃。なお『デマルカシオン』とはスペインとポルトガルが締結した『世界分割支配』条約の事。秀吉は信長の延長上でスペインを利用しつつ警戒した。しかし日中・太平洋戦争を秀吉の唐入りの延長線で語るのは疑問。欧州列強の圧力は類似点だが日露戦争債務と長い不景気で民意も戦争賛成だった

2022/05/15

ぴっころ

この原作者は明智光秀の汚名返上ついでに秀吉を貶めたいのかもしれないけどキャラクターをどれだけ醜悪なものにしたとしても行った事だけを見れば秀吉側に常に大儀があったように見えるんだよなぁ

2021/12/27

毎日が日曜日

★★★

2021/10/30

感想・レビューをもっと見る