読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

がんのひみつ

がんのひみつ

がんのひみつ

作家
中川恵一
出版社
朝日出版社
発売日
2008-01-10
ISBN
9784255004136
amazonで購入する

がんのひみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

小学校1年生の時母が乳がんになった。その時にこういう本があったらよかったなあ。でも、難しい本を小学校1年生の時に斜め読みして、「骨」が読めたときの感激は何となく覚えてる。娘は「がんはやだよ」そう。大きくなっちゃうとね、やっかいなんだよ…。

2017/02/21

きたむらさんえ

図書館本。がんには幸い、縁がありませんが、教養として手に取りました。初めて知ることばかりで勉強になりました。

2015/12/16

nabebe

がんは老化の一種。完治させるには手術か放射線治療。転移したがんの治癒は難しい。リンパ腺までは望みあり。緩和ケアで使う麻薬は中毒性はなく、むしろ痛みを緩和することで延命につながる。インターネットの情報は要注意、サプリメントはがん治療に効果なし。がんについて知らないことをいっぱい知ることが出来た。日本人はがん治療について手術偏重、緩和ケアを遠ざける傾向があるらしいが、放射線治療や死を受け入れた上での医療用麻薬による痛み緩和の大切さに気づいた。

2019/12/07

just-older

将来に備え、がんのことを知りたくて読んだ本。薄くて小さい本だけど、知らない情報がいっぱいだった。日本は医療にGDP比だと他先進国に比べお金をかけていないらしい。また、放射線治療医も何十分の一しかいないとかなんとか。勉強になりました。

2012/05/19

Willie the Wildcat

朝日新聞の抽選に当選して入手!69の秘密を初心者向けに丁寧に解説。特に印象深いのは若いころからがん細胞は体内にあるが、それをやっつけるだけの”若さと体力”があるだけのこと。てっきり年齢とともに免疫力がなくなりある日突然がん細胞!って勘違いしていた。最低限の正しい知識はどのエリアでも必要と再認識。本題とは関係ないが、目次が最初と最後に分割されているのが謎・・・。

感想・レビューをもっと見る