読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自殺会議

自殺会議

自殺会議

作家
末井昭
出版社
朝日出版社
発売日
2018-12-15
ISBN
9784255010939
amazonで購入する

「自殺会議」のおすすめレビュー

不倫相手とダイナマイト心中した母…家族の自殺をおおっぴらに語れない理由とは?

『自殺会議』(末井 昭/朝日出版社)

 人が亡くなったとき、残された家族に死因をあれこれ聞くのは失礼なことだ。病気や事故のときでさえ遠慮があるのだから、自殺だったらなおのこと。

 だが、しかしである。ここには無自覚の“お約束”が横たわっている。それは、「自殺だったらなおのこと」、つまり「どうして自殺は、世間にあけっぴろげに語れないのか」ということだ。常識的なところで答えを引っ張り出すなら、自殺はするべきでないとされているので、それを破ってまで断行した苦しみのそばには簡単に近寄ってはいけない、というところだろうか。

 しかし、結論から先に言ってしまえば、自殺に触れてはいけないという遠慮は、まったく良いものではないようだ。むしろ、自殺を隠さず堂々と話せる世の中こそが、生きやすい社会なのだ!

 このように気づかせてくれるのが、『自殺会議』(末井 昭/朝日出版社)だ。親や子どもが自殺をした人や、自殺の名所で防止活動に取り組む人などから、心の内を聞き出したインタビュー集となっている。念のために言っておくと、本書は、自殺を肯定しているのではなく、自殺しなくてもいい…

2019/1/29

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

自殺会議 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TATA

末井さんって昔、西原理恵子さんの漫画によく登場してたよね。お母さんが自死、そんな壮絶な人生だったとは知らなかった。自殺に様々に関わる人達との対談集。乗り越えた人達、ないしは乗り越えようとする人達の語る言葉には素直に頷けます。一番胸に響いたのはあとがきの「死にたい気持ちを持っていることは悪いことではありません」。受け取り方はそれぞれでしょうけど私はポジティブに受け取れました。時に読み返して自己肯定のきっかけを得る、そんな一冊です。

2019/05/22

ばんだねいっぺい

 末井さんだからこそ、行って帰ってこれるんじゃないかと思った。やっぱり、何かしらの表現に託すこと。それは、支離滅裂な妄想かもしれないし、 荒唐無稽な絵画だったり、音楽かもしれない。それを普通の目で見れる社会がやってきたらいいなぁ。

2019/03/22

テツ

母親がダイナマイト自殺という凄まじい最期を遂げた著者が説く自殺について。そう。この世界に生きている全ての人に神様に与えられたような生きる意味、生きている意味などない。もしもあると思っているのならそれは幻想だ。ただ生きる意味ってきっとその幻想なんだと思う。自分の存在から生まれる関係性そのものが生きる意味なんだと思う。だから生きる意味などないと確信しながらもぼくが知っている人には絶対に死んで欲しくないのは、あなたとの関係性はぼくにとっても生きる意味の一つであって、それが無くなるのはとても寂しいからなんだろう。

2020/02/20

ネギっ子gen

著者による2冊目の自殺本。自殺に縁のある11名の方々との話を収録。「まえがき」で、<なぜ自殺のことを書くのかというと、たぶん自殺する人が好きだからだと思います。極端なことを言えば、自殺でもしなきゃやってられない世の中なのだから、自殺する人はその犠牲者です。真面目で正直な人が犠牲者になるのです。感度のいいアンテナを持っている人は、人々の悪意をついついキャッチしてしまうのです>と書いたうえで、<自殺を減らすには、自殺した人を悼むこと。/死んでいった人のことを肯定し、その人に思いを馳せること>だと。同感です。⇒

2020/04/15

やん

母親がダイナマイトで心中したという筆者が自殺に縁のある人達に話を聞く。生と死は地続きであると実感している人々の存在に尊さを感じる。印象的だったのが、「東尋坊の用心棒」茂幸雄さんの言葉。「あの人たちは全部知ってて自分で動けない。エネルギーがない人にああしろこうしろよう言えるな」。自殺したくなったらと自分の携帯番号を公開している坂口恭平さんも実にユニーク。死ぬ時が来たら死ぬけれど、こんな人たちがいるならそれまでは生きていてもいいと感じる。死は生に内包されているから、自分に何が起こっても受け入れる器を持ちたい。

2019/05/24

感想・レビューをもっと見る