読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

完本 仏像のひみつ

完本 仏像のひみつ

完本 仏像のひみつ

作家
山本 勉
川口澄子
出版社
朝日出版社
発売日
2021-06-02
ISBN
9784255012391
amazonで購入する

完本 仏像のひみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mayumi

仏像好きなので、これは買わねば!と思ったんだけどね。うーん。ちょっと子供向けかなあ?あと、紹介されている仏像の多くが東京国立博物館のもので、もうちょっと多岐に渡ってほしかった。薬師寺の月光菩薩・日光菩薩、興福寺の阿修羅像、東寺の帝釈天…有名どころが全然紹介されてないー。残念だわ。

2021/06/16

yyrn

以前読んだ「仏像のひみつ」(06)と「続仏像のひみつ」(08)を合わせた内容に新たに2章(渡来仏、仏師)を加えて「完本」として今春(21)出版された本。▼読メで確認すると前に読んだのは東日本大震災後の2年後。復興の方向性が定まり被災地も落ち着きつつあった時期だと思うが、多くの人々の死を身近に感じて、改めて寺や仏像に関心が向いた時期だったかもしれない。若者はあまり仏像に興味など湧かないかもしれないが、二千年以上も続いているのだから日本人の琴線に触れる何かがあるハズ。探ってみては?

2021/08/02

クサバナリスト

・髪際高・・・おでこの髪の毛の生え際から地面までの高さ。 ・一丈六尺(丈六)・・・釈迦の身長。 ・偏袒右肩(へんだんうけん)と通肩(つうけん) ・金色・・・鍍金、漆箔。 ・色・・・繧繝、紺、丹、緑、紫。 ・截金、切金 ・古色塗り・・・江戸時代にできた仏像で最初から古びた色を塗る。 ・三派・・・円派、院派、奈良仏師 ・銘記・・・仏像に作成時の記録が直に書きつけられる。

2021/07/19

saorinn

仏像のひみつは読んでましたが、図書館で借りたので、こちらを購入しました。確か、仏像に興味を持ち出した頃に読んだと思います。再読でパラパラとしか読んでませんが、柔らかい語り口で分かり易く、いろんな仏像を見てみたいなと思いました。あとがきで、奥様を亡くされて猫ちゃんを亡くされてと、大変な時を過ごされていたと知りました。

2021/07/25

Go Extreme

仏像たちにもソシキがある:如来 大日如来 菩薩 明王 天 仏像にもやわらかいのとカタイのがいる:金銅仏 塑像 ウルシの仏像 木の仏像 仏像もやせたり太ったりする:輪切り シルエット 身長 仏像の中には何かがある 仏像のソシキのまわりにも誰かいる:ヒト ラカン タイシ ダイシ カミ  仏像の着物にはソデがない 仏像の眼は光る:玉を入れた眼 ギョクガン 仏像の色はイロイロ:金色 色模様 色のない仏像 仏像は国際派:旅する仏像 国際派のサイン 仏像をつくるブッシのひみつ:ブッシの歴史 ブッシと銘記 ブッシと仏像

2021/07/15

感想・レビューをもっと見る