読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マンガ 精神疾患をもつ人への関わり方に迷ったら開く本: 教えて看護理論家の先輩たち! 私の役割って何?

マンガ 精神疾患をもつ人への関わり方に迷ったら開く本: 教えて看護理論家の先輩たち! 私の役割って何?

マンガ 精神疾患をもつ人への関わり方に迷ったら開く本: 教えて看護理論家の先輩たち! 私の役割って何?

作家
中村 創
水谷緑
出版社
医学書院
発売日
2022-12-12
ISBN
9784260051170
amazonで購入する

マンガ 精神疾患をもつ人への関わり方に迷ったら開く本: 教えて看護理論家の先輩たち! 私の役割って何? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ᚹγअәc0̸א

・Bennerのラダー理論(看護師が技能を習得する5段階)は、他職種にも通例しそうな感があり有難い。全般に科学性・妥当性評価をある程度重視するスタンスがいかにも看護的。 ・阿保順子の保護膜モデルは本書内容から作画者のyc本に導入されたのかなという印象。「精神を病んでいない人の精神構造モデル」には、ほんとにそう?という若干の違和感もあるが。 ・精神疾患を銘打ってるが、良性の統合失調症エピソード+αくらいなのは少し物足りない。ヘビーな困難事例を入れ込むと看護のカバレッジを超えそうなので筋を収める都合と拝察。

感想・レビューをもっと見る