読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

書愉道-双雲流自由書入門

書愉道-双雲流自由書入門

書愉道-双雲流自由書入門

作家
武田双雲
出版社
池田書店
発売日
2005-09-16
ISBN
9784262145150
amazonで購入する

書愉道-双雲流自由書入門 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふ~@豆板醤

立ち読みで流し読んだだけでも、書を通じた表現ってこんなに種類があるんだ!と驚かされる本。表紙みたいに外で書くのも楽しそう!高校の部活で書いてた時は大会で勝つための作品、という目標しかなかったので自由書での表現には憧れる(^^)

2016/08/28

G-dark

海辺、旅先、家の庭でも良いので、いつでも自分の感性で自由に書いてみよう、という本。模写の練習で使うのは文字だけでなく、キティちゃんでもドラえもんでも、双雲さんオリジナルキャラクター「墨生」でも良い、という自由さが楽しい!お手本をよく見て形や線を真似るだけでも、筆の使い方や力の入れ具合の絶妙な違いを覚えられるそうです。文字も好きなものを書いて良いそうなので、わたしは早速、習字道具を押入れの奥底から引っ張り出して、堤幸彦監督の『TRICK』や『SPEC』をイメージしながら好きな言葉を筆で書きまくってみました。

2018/10/10

ムーミン

書きたい思いがむくむく。

2019/04/13

ジン

書道をやってみたくて購入。堅苦しくないので楽しそうである…。ただ入門書ではない。

2010/12/14

感想・レビューをもっと見る