読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した

作家
村田沙耶香
瀧井朝世
米増 由香
出版社
岩崎書店
発売日
2020-04-10
ISBN
9784265022458
amazonで購入する

ジャンル

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

村田 沙耶香は、新作中心に読んでいる作家です。恋の絵本シリーズも読み続けて、第四弾です。原作が村田 沙耶香なので、お婆ちゃんがどうしてぬいぐるみのポーポに恋をするのか理解できませんが、個性的で魅力的な絵本でした。 https://www.iwasakishoten.co.jp/special/koi/

2020/05/20

ままこ 🍁

恋の絵本シリーズ。米増由香さんのファンタジックでキュートな絵と村田沙耶香さんらしい“とらわれない恋のかたち”が不思議とマッチしている。「こいは へんなんだよ。 へんになるのが こいなんだから」ぼくの複雑な気持ちもわかるな。大人も楽しめる絵本。

2020/06/27

☆よいこ

絵本。ぬいぐるみだって恋をする。おばあちゃんだって恋をする。ぼくのお母さんふたりだって恋をして結婚した。「ぼくがいつか恋をする日、おばあちゃんみたいに真っ直ぐ背筋を伸ばしていられるか」ぼくは精一杯拍手をした。▽恋に向き合おうとするぼくの葛藤。というか娘を取られた父親の気持ちか?友人を家庭に奪われた青年か?

2021/06/19

たいぱぱ

クレイジー沙耶香と絵本って、結び付かないようで意外としっくりくるかもしれない。グロい方向(本人はそうは思ってなさそうだが)に行かなければ、沙耶香さんの普通=ファンタジーだから。本作はまだまだクレイジーが爆発してませんね。内なる沙耶香を押さえてる(笑)

2020/08/18

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

☆5.0 ぼくのおばあちゃんがぼくのぬいぐるみのポーポとけっこんする。 おばあちゃんは にんげんだし ポーポは ぬいぐるみだ。 なのにタイトルが『ぼくのポーポがこいをした』 脱帽ですよ、このセンス。 それと、米増由香さんの画は馬は出てこないけれど もうシャガールだね、とてもよいね。

2020/12/19

感想・レビューをもっと見る