読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した

作家
村田沙耶香
瀧井朝世
米増 由香
出版社
岩崎書店
発売日
2020-04-10
ISBN
9784265022458
amazonで購入する

ジャンル

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

村田 沙耶香は、新作中心に読んでいる作家です。恋の絵本シリーズも読み続けて、第四弾です。原作が村田 沙耶香なので、お婆ちゃんがどうしてぬいぐるみのポーポに恋をするのか理解できませんが、個性的で魅力的な絵本でした。 https://www.iwasakishoten.co.jp/special/koi/

2020/05/20

ままこ 🍁

恋の絵本シリーズ。米増由香さんのファンタジックでキュートな絵と村田沙耶香さんらしい“とらわれない恋のかたち”が不思議とマッチしている。「こいは へんなんだよ。 へんになるのが こいなんだから」ぼくの複雑な気持ちもわかるな。大人も楽しめる絵本。

2020/06/27

たいぱぱ

クレイジー沙耶香と絵本って、結び付かないようで意外としっくりくるかもしれない。グロい方向(本人はそうは思ってなさそうだが)に行かなければ、沙耶香さんの普通=ファンタジーだから。本作はまだまだクレイジーが爆発してませんね。内なる沙耶香を押さえてる(笑)

2020/08/18

美紀ちゃん

嫉妬の絵本。「恋は変なんだよ。変になるのが恋なんだよ」名言だね。しかし2人のお母さんっていうのが気になる!

2020/07/14

ミライ

村田沙耶香さんが文章を、米増由香さんがイラストを担当した絵本が発売(文章が先で絵が後とのこと)。「ぼく」がクリスマスプレゼントにもらったくま?のぬいぐるみ・ポーポと、「ぼく」のおばあちゃんが恋をして結婚する物語。絵本の中の「でもね こいはへんなんだよ。 へんになるのが こいなんだから」の一文が全て、絵が村田さんの作品の世界観に合っているような気がするので、今後もコラボがあるかもしれない。

2020/04/13

感想・レビューをもっと見る